教育ローン徹底比較!最適なローンの選び方ガイド|おすすめ教育ローン

教育ローンは、多くの金融機関で提供されていて、それぞれの特徴や条件が異なります。

金利の低さはもちろん、返済期間や対象学部など、様々な要素を比較する必要があります。例えば、医学部の学生に適したローンや、社会人の自己啓発にも使えるローンなど、目的に応じた最適な選択が求められます。

教育ローンの選び方は、進学先や学部、将来の計画など、個人の状況によって異なります。そこで今回は、10種類の人気の教育ローンを比較して見ました。

金利が低いと返済総額も抑えられるため、将来の負担を軽減することができますし、金利の低さだけでなく、返済計画やサポート体制なども考慮に入れ、最適な教育ローンを選ぶことが重要です。

目次

オンライン家庭教師EDUBAL
IB(国際バカロレア)対策コースも

オンラインで受講
教師は全員IB経験者
ほとんどのIB科目に対応

\ 詳細はこちらから /

教育ローンとは

教育ローンは、受験費用、授業料、引越し費用、パソコン購入など、教育に関連する費用をカバーするための特別なローンです。

経済的な理由で進学を諦める必要はなく、幅広い用途で利用できるため、多くの家庭にとって頼れる支援となっています。

国と民間の教育ローンの違い

教育ローンには、主に日本政策金融公庫が提供するの教育ローンと民間の2種類があります。それぞれの特徴は以下の通りです。

国の教育ローン

  • 借入上限金額
    最大350万円と比較的低め。
    (自宅外通学や海外留学などの場合は450万円まで)
  • 金利
    約1.6%と低い。
  • 対象者
    世帯の年収が低く、必要な金額が小さい人におすすめ。

民間の教育ローン

  • 借入上限金額
    1,000万円以上と高額。
  • 金利
    2~5%台が一般的。
  • 対象者
    年収や進学先による制限が少ない。

どちらを選ぶべきか

進学先が国立か私立か、家庭の経済状況などを考慮して、最適な教育ローンを選ぶ必要があります。民間の教育ローンは柔軟性がありますが、金利が高めで、一方、国の教育ローンは金利が低い代わりに、借入金額に制限があります。

教育ローンは、子どもの進学を現実的に支える重要な手段です。民間と国の教育ローンの違いを理解し、自分の状況に合ったローンを選ぶことで、将来の夢を実現する手助けをしてくれます。

申し込みタイミング

教育ローンの申し込みは、在学中でも進学先が決まる前でも可能です。以下は、申し込みのタイミングに関する具体的な推奨事項です。

  1. 受験先がある程度決まった段階で申し込み
    進学先が決まる前でも、受験先がある程度決まった時点で申し込みと審査を済ませておくことがおすすめです。
  2. 合格発表の2週間前までに申し込み
    教育ローンの手続きには通常2週間程度かかります。一部の学校では合格発表から1週間以内に入学金の支払いが必要な場合があるため、遅くても合格発表の2週間前までに申し込みを済ませることが重要です。
  3. 進学先が決まったら申し込み・審査だけ先に済ませる
    進学先が決まったら必要書類を持って銀行と契約するのがベストな流れです。途中で申し込みの辞退も可能なため、借入ができるか先にチェックしておくと安心です。

教育ローンの申し込みタイミングは、進学計画の一部として慎重に考えるべき問題です。申し込みは、合格後に急いで行うと間に合わない可能性があるため、早めに審査を済ませておくことが推奨されます。

これによって、合格後の入学金支払いなどのプロセスがスムーズに進みます。

教育ローンの選び方

ここでは教育ローンを選ぶ際に考慮すべきポイントを紹介します。特に、お金の借り方によって選ぶべきローンタイプが異なります。

① 一括借入か都度借入かで選ぶ

教育ローンは主に「証書貸付タイプ」と「カードローンタイプ」の2種類に分けられます。

証書貸付タイプ(一括借入)

  • 対象者
    必要な金額が最初に決まっている人。
  • メリット
    借入金額と返済期限が明確で計画的に返済が進む。
  • 注意点
    追加借入が必要な場合は再申し込みが必要。借りた全額と利息を返済する必要がある。

カードローンタイプ(必要な分だけ借入)

  • 対象者
    在学中に必要な金額が不明確な人、使わなかった分の利息を払いたくない人。
  • メリット
    必要なときに必要な分だけ借入可能。使わなかった分の利息を払わなくて良い。
  • 注意点
    在学中は使った分の利息を支払う必要がある。

教育ローンの選び方は、個人の状況とニーズに応じて異なります。

一括借入の証書貸付タイプは計画的な返済が可能で、カードローンタイプは柔軟な借入が可能です。

自分の進学計画や経済状況に合ったローンタイプを選ぶことで、進学の道をスムーズに進めることができます。

② 固定金利か変動金利か

固定金利

  • 対象者
    金利の変動を気にせず、安心感を重視したい人。
  • 特徴
    契約時の金利がずっと続くため、市場の金利変動に影響されない。
  • メリット
    金利が上昇しても、返済金額は変わらない。
  • 注意点
    金利が上昇するリスクを回避する代わりに、最初から金利がやや高めに設定される。金利が上昇しない場合、割高な利息を払うことになる可能性がある。

変動金利

  • 対象者
    金利の低さを重視し、返済額を抑えたい人。
  • 特徴
    金利が低く設定されていて、教育ローンの中で最もポピュラーなタイプ。
  • メリット
    市場の金利が下がれば、返済額も下がる。
  • 注意点
    市場の金利が上がれば、返済額も上がる。教育ローンは長期間の契約なので、金利の変動が気になる場合は固定金利を選ぶとよい。

教育ローンの金利タイプ選びは、個人の返済スタイルとリスク許容度に応じて異なります。変動金利は金利の低さを追求する方に、固定金利は安定した返済を望む方に適しています。

自分の経済状況と将来の見通しを考慮して、最適な金利タイプを選ぶことで、進学の道を安心して進めることができます。

③ 「元金据え置き」ができるか確認

  • 対象者
    子どもが卒業してから返済を始めたい人。
  • 特徴
    元金(借りているお金)の返済を卒業まで待ってくれる商品。
  • メリット
    在学中に元金の返済が不要。利息だけの支払いで済む。
  • 注意点
    余計な利息を払う必要があるため、全体のコストを考慮する。

④「借入金額の増額」ができるもの

  • 対象者
    医学部志望で高額な学費が必要な人。
  • 特徴
    通常の上限金額よりも大きな金額で貸してくれる商品。
  • メリット
    医学部の学費を賄いきれるように借入金額を増額できる。
  • 注意点
    在学期間が6年間の場合、カードローンタイプなら期間を延長できるかも確認が必要。

教育ローンの選び方は、個人の進学計画や経済状況に応じて異なります。卒業までの返済待ちを希望する場合や、医学部などの高額な学費を計画している場合には、特定の商品特性をチェックすることが重要です。

⑤ 万一に備える場合「団信」つき

  • 対象者
    返済中のリスクを最小限にしたい人。
  • 特徴
    団信(団体信用生命保険)に加入できる商品。
  • メリット
    借入人が亡くなった際、保険金で残りの融資をすべて返済してくれる。
    保険料は銀行がほとんど100%負担するため、返済の負担が重くなることはない。
  • 注意点
    加入には簡易的な健康査定が必要な場合がある。

教育ローンの選び方は、個人のニーズとリスク許容度に応じて異なります。団信つきの商品を選ぶことで、返済中の万一の事態に対しても安心してローンを利用することができます。このような保険オプションを検討することで、進学の道をより安全に進めることができるでしう。

おすすめの教育ローン

E -LOANの「教育ローンの総合ランキング」の2023年8月時点のランキングを見てみると、以下のようになっていました。

このランキングは、「金利ランキング」「アクセス数ランキング」「申込数ランキング」「比較リスト登録数ランキング」の4つのランキングデータをもとに、総合的かつ機械的にランキングされています。

横浜銀行

横浜銀行教育ローン

IMAGE: 横浜銀行
実質年率金利体系
0.900% ~ 2.900%変動金利
借入可能額審査回答期間
10万円 ~ 1000万円最短即日

au自分銀行

auじぶん銀行カードローン(じぶんローン)

IMAGE: auじぶん銀行
実質年率金利体系
0.980% ~ 17.400%変動金利
借入可能額審査回答期間
10万円 ~ 800万円

千葉銀行

ちばぎんスーパー教育ローン<学生生活>

IMAGE: 千葉銀行
実質年率金利体系
2.200% ~ 2.600%変動金利
借入可能額審査回答期間
10万円 ~ 3000万円最短1日

常陽銀行

常陽教育ローン「学援生活」

IMAGE: 常陽銀行
実質年率金利体系
2.200%変動金利
借入可能額審査回答期間
10万円 ~ 3000万円最短即日

島根銀行

島根銀行教育ローン

IMAGE: 島根銀行
実質年率金利体系
1.800% ~ 3.200%変動金利
借入可能額審査回答期間
10万円 ~ 500万円最短即日

三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

IMAGE: 三菱UFJ銀行
実質年率金利体系
1.800% ~ 14.600%変動金利
借入可能額審査回答期間
10万円 ~ 500万円最短即日

オリックス・クレジット

ORIX MONEY

IMAGE: オリックス・クレジット
実質年率金利体系
1.500% ~ 17.800%変動金利
借入可能額審査回答期間
10万円 ~ 800万円最短60分

大阪シティ信用金庫

大阪シティ教育ローン

IMAGE: 大阪シティ信用金庫
実質年率金利体系
1.580% ~ 2.680%変動金利
借入可能額審査回答期間
10万円 ~ 1000万円最短1日

関西みらい銀行

関西みらい教育ローン(証書貸付タイプ)

IMAGE: 関西みらい銀行
実質年率金利体系
1.800% ~ 2.200%変動金利
借入可能額審査回答期間
10万円 ~ 500万円2日程度

足利銀行

あしぎん教育カードローン「カルチェラタン」
WEB完結専用金利

IMAGE: 足利銀行
実質年率金利体系
1.950% ~ 2.200%変動金利
借入可能額審査回答期間
10万円 ~ 1000万円最短即日

免責事項

当サイトに掲載する情報の正確性について万全を期しておりますが、その内容の完全性、正確性、有用性、安全性等については、いかなる保証を行うものでもありません。また、当ウェブサイトの内容や情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、予告なく変更・改訂される場合や、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。
情報が不正確であったこと及び誤植があったことにより生じたいかなる損害に関しても、また、掲載情報に基づいて利用者が下した判断および起こした行動によりいかなる結果が発生した場合においても、その責を負いませんので予めご了承ください。

この記事をシェアする
目次