JASSO給付型奨学金が採択されやすい国|結果から見る傾向と詳細

目次

オンライン家庭教師EDUBAL
IB(国際バカロレア)対策コースも

オンラインで受講
教師は全員IB経験者
ほとんどのIB科目に対応

\ 詳細はこちらから /

JASSO奨学金(海外)

JASSO(日本学生支援機構)が提供している海外留学をする学生のための奨学金には、以下の2つがあります。

  • 海外留学支援制度(学部学位取得型)
  • 海外留学のための貸与奨学金(返済必要)

海外留学支援制度(学部学位取得型)

この制度は、主に海外の大学で学位を取得したいと考えている学部学生を対象としています。具体的な内容は以下の通りです。

対象者日本国籍を持つ学生で、海外の大学で学士号を取得することを目指している人。
支援内容授業料、生活費などの支援
選考基準学業成績、計画の具体性、志望動機などが評価されます。
返済なし。給付型

2. 海外留学のための貸与奨学金(返済必要)

この制度は、海外留学を希望する学生に対して貸与型の奨学金を提供するものです。具体的な内容は以下の通りです。

対象者日本国籍を持つ学生で、海外の大学の正規課程に入学又は編入学が見込まれる人。
支援内容2万円〜12万円の中から1万円単位で選択
選考基準学業基準、家計基準などにより決定
返済あり。無利子または低利で、留学後に一定の期間で返済を行う。

過去の選考結果

北米

2023年度2022年度2021年度
アメリカ38/10623/10424/91
カナダ11/273/217/35

アメリカは世界中で最も多くの大学とカレッジを持っていて、あらゆる分野での専門教育を受ける事が可能です。

特にハーバード、スタンフォード、MITなどの世界的に有名な大学が存在するため、多くの学生が留学を希望する国となっています。

その人気さに加えて、アメリカの大学の学費は非常に高額となっていることから、奨学金を必要としている学生が多いのだろうと推測することができます。

それを表すように、応募数も最多となっていますし、採択数も非常に多くなっていることが分かります。

一方、カナダは教育の質で国際的に評価されていて、特に理系分野で強強く、世界中からの学生に魅力的な選択肢となっています。

カナダの都市は安全でクリーンで、多文化主義の社会であり、英語ネイティブの国としての人気もあります。

また、他国に比べると高額ではあるものの、アメリカの一部の大学に比べて、学費と生活費は比較的リーズナブルと言えます。

政府が留学生のアルバイトも一定範囲で許可しているので、学費の一部を補うことができるのも魅力の1つです。

ヨーロッパ

2023年度2022年度2021年度
アゼルバイジャン0/1
イギリス18/4211/408/40
イタリア1/10/3
エストニア0/1
オーストリア0/1
オランダ4/114/102/12
スウェーデン1/1
スペイン0/10/10/1
チェコ0/30/11/1
ドイツ0/11/30/1
トルコ0/1
ノルウェー0/1
ハンガリー0/10/1
フィンランド1/20/2
フランス0/1
ブルガリア0/1
ベルギー0/2
マルタ0/1
英国

英語でのプログラム

イギリスは世界大学ランキングでも上位に位置している大学がとても多く、また英語ネイティブの国なので、その人気の高さは明白です。

非英語圏のヨーロッパの国々でも、英語で開講されるプログラムが増加していて、これにより、その国の言語を習得していない学生でも、留学することが可能になっていることが人気の理由の1つと言えます。

特に大学院レベルでは、英語でのプログラムが一般的で、世界中からの学生が参加しています。

楽天ブックス
¥2,860 (2023/08/15 22:53時点 | 楽天市場調べ)

英語能力指数ランキング

IMAGE: efjapan

英語能力指数ランキング(EF EPI)を見てみると、非常に高い英語能力とされているランキング上位の国には、ヨーロッパの国々が位置しています。

日常的にも英語が通じやすい環境であることが、留学先として人気が高まってきている理由の1つと言えます。

また、そういった環境に加えて、北米やイギリスの大学と比較すると、ヨーロッパの多くの国では学費がリーズナブルであることが多く、それでいて高い教育水準を誇っているという魅力があります。

特にドイツやフィンランドなどの一部の国では、公立大学では学費が無料または非常に低いこともあり、留学生にとって大きな魅力となっています。

国別ランクイン数

イギリスの高等教育専門誌「Times Higher Education(THE)」が毎年発表している、HE世界大学ランキングの2023年版を見てみると、以下のようになっています。

100位以内200位以内
1アメリカ3458
2イギリス1029
3ドイツ922
4中国711
5オランダ710
6オーストラリア710
7香港55
8カナダ47
9スイス46
10フランス45
11韓国36
12オーストリア33
13シンガポール22
14日本22
15スウェーデン15
16ベルギー14

北米はもちろん、イギリスやオーストラリアの英語圏で教育水準の高いことが有名な国以外にも、ヨーロッパの国々は国際的にも評価の高い大学が多いことが分かります。

オセアニア

2023年度2022年度2021年度
オーストラリア3/301/222/25
ニュージーランド0/10/1

アメリカやカナダ、イギリスに次いで留学先として人気が非常に高いのがオーストラリアですが、採択結果を見てみると、募集人数に対して採択された人数が少ないことが伺えます。

オーストラリアの大学は、教育水準も非常に高く世界的な評価も良いのですが、アメリカやイギリスなどに比べると比較的入学要件が低いことが要因としてあるのかも知れません。

しかし、英語を母国語とする国であること、そして異文化交流の豊富さなどから留学先の国として非常に魅力が高いことは間違いありません。

中東・アジア

2023年度2022年度2021年度
アラブ首長国連邦0/10/10/1
シンガポール1/40/3
フィリピン0/1
マレーシア0/60/21/4
韓国0/31/40/1
台湾1/20/3

中東とアジア地域の応募者数を見てみると、この地域の国々への留学者数は他の地域に比べて少ないことが明らかです。

2023年度の結果では、台湾で1人の採択がありますが、その他の国々では採択されていない事が分かります。

その中でも、マレーシアの応募者数が他の国と比較しても、また他年度に比べて2023年度は増えている事が分かります。

スケジュール

海外留学支援制度(学部学位取得型)

項目日程
応募事前登録9月5日〜10月6日
応募書類提出9月5日〜10月12日
第一次審査(書面審査)結果は1月上旬を目処
第二次審査(面接審査)1月21日or22日
採用結果2023年3月上旬を目処
採用決定後の手続き2023年3月23日まで
事前オリエンテーション2023年3月
2023年4月1日から2024年3月31日に留学を開始する者を対象とした

免責事項

当サイトに掲載する情報の正確性について万全を期しておりますが、その内容の完全性、正確性、有用性、安全性等については、いかなる保証を行うものでもありません。また、当ウェブサイトの内容や情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、予告なく変更・改訂される場合や、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。
情報が不正確であったこと及び誤植があったことにより生じたいかなる損害に関しても、また、掲載情報に基づいて利用者が下した判断および起こした行動によりいかなる結果が発生した場合においても、その責を負いませんので予めご了承ください。

この記事をシェアする
目次