【Google】就職率の高い日本の大学トップ10と専攻|GAFAMで働くためのヒント

目次

オンライン家庭教師EDUBAL
IB(国際バカロレア)対策コースも

オンラインで受講
教師は全員IB経験者
ほとんどのIB科目に対応

\ 詳細はこちらから /

Google(グーグル)とは

Google(グーグル)は、1998年にスタンフォード大学の博士課程の学生であったラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンによって創業された、情報技術とインターネット関連サービスを提供する世界で最も有名な企業の1つです。

IMAGE: Utilly

Googleの検索エンジンは、現在でも世界中で最も広く使われているものの一つで、ウェブ上の数十億ものウェブページから関連性の高い情報を素早く見つけ出せます。

Googleの事業

また、Googleの事業は検索エンジンだけに留まらず、Gmail(メールサービス)、Google Maps(地図情報サービス)、YouTube(動画共有サービス)、Google Cloud(クラウドコンピューティング)、Android(スマートフォン向けOS)など、数々の有名なサービスを展開しています。

さらに、人工知能(AI)や自動運転車などの最先端技術の研究開発にも注力していて、これらの技術は、私たちの生活や社会を大きく変える可能性を秘めています。

Googleで働く

Googleは、業界をリードする技術革新と独自の企業文化で知られていて、その働き方や環境も従業員の創造性と生産性を最大限に引き出すよう設計されています。

まず、Googleの働き方は「オープン」で「協働」を重視していて、事業部門や役職を超えたコミュニケーションが奨励され、新たなアイデアや解決策を共有しやすい環境が整っています。

これは、Googleが革新的なアイデアやプロジェクトを常に生み出し続ける秘訣の一つです。

Googleのオフィス

また、Googleのオフィスは従業員が快適に働けるように設計されていて、自然光がたっぷり入る開放的なスペース、カラフルで楽しいデザイン、リラクゼーションや創造性を促進するための共有スペース(ゲームコーナーやマッサージルームなど)が特徴です。

さらに、フィットネスセンターや健康食品を提供するカフェテリア、メンタルヘルスのサポートなど、従業員の身体的、精神的健康を支える多くのプログラムが用意されています。

IMAGE: Google

しかし、Googleで働くためには、技術的なスキルだけでなく、柔軟な思考、問題解決能力、チームワークのスキルなどが求められます。

また、絶えず変化し進化するテクノロジー業界で成功するためには、学習意欲と成長の意欲も必要となります。

今回の記事では、日本在住でGoogleで働く人たちの出身大学と現在の職種のデータを、Linkedinから取りまとめました。これからの進学先やキャリアパスを決める上での参考になると嬉しいです。

出身大学ランキング (Google in Japan)

出身大学

  1. 早稲田大学
  2. 東京大学
  3. 慶應義塾大学
  4. 上智大学
  5. 京都大学
  6. 東京工業大学
  7. 立教大学
  8. 国際基督教大学
  9. 青山学院大学
  10. 筑波大学

トップレベル大学が上位

日本在住でGoogleで働いている人たちの出身大学のランキング上位には、早稲田大学、東京大学、慶應義塾大学といった日本のトップレベルの私立及び国立大学が並んでいます。

これらの大学は、一般的に学術的な実績が高く、優秀な学生を引き寄せる reputational advantage を持っています。そのため、Googleのようなグローバルなテクノロジー企業に就職するために必要な高度な知識やスキルを身につけるための教育環境を提供していると考えられます。

3位以下も上位大学が並ぶ

上智大学や京都大学、東京工業大学なども同様に高い学術的実績を持つ大学で、その後のランキングには立教大学、国際基督教大学、青山学院大学、筑波大学が続きます。これらの大学もまた、一定の評価を受けた教育を提供し、それぞれの分野で優秀な学生を育てています。

この結果からは、Googleで働く人たちの多くが日本のトップレベルの大学出身であることが分かります。これは、Googleが高度な知識とスキルを求めていることを示しているといえます。

専攻分野 (Google in Japan)

次に、日本在住でGoogleで働いている人たちの専攻を見てみると、トップ10は以下のようになりました。

このデータを見ると、Googleで働いている日本在住の人たちは様々な学問分野から来ていることが分かります。

分野は大きく分けて2つのカテゴリーに分類でき、1つはSTEM分野(コンピューターサイエンス、計算科学、情報科学、情報技術)で、もう1つはビジネスや社会科学分野(経済学、経営学、国際研究、ビジネス、マーケティング、政治学)です。

STEM分野を学んだ人たちが多いことは、Googleがテクノロジー企業であることを考えると予想される結果です。これらの分野はプログラミング、データ分析、機械学習など、Googleが提供する製品やサービスを開発・運用するための基礎的なスキルを提供します。

一方、経済学、経営学、国際研究、ビジネス、マーケティング、政治学といった分野を学んだ人たちも多く、これはGoogleがただのテクノロジー企業ではなく、グローバルなビジネスを運営する企業であることを反映しています。

これらの分野はビジネス戦略、市場分析、製品開発、マーケティングなど、企業が成功するために必要なスキルを教えてくれます。

また、国際研究や政治学は、Googleが運営する多様な地域や文化に対する理解を深める上で役立つでしょう。

楽天ブックス
¥1,210 (2024/02/27 12:10時点 | 楽天市場調べ)

このデータからは、Googleが多様なバックグラウンドを持つ人たちを求めていて、それぞれが自分の専門知識を活用して会社の成長に寄与していることが読み取れます。

テクノロジーの知識はもちろん重要ですが、それだけではなくビジネスや社会科学の知識も同様に重要で、これらの知識を組み合わせることで、より効果的な製品開発やビジネス戦略が可能になることを示しています。

各大学ごとの専攻分野詳細と現在の職種

早稲田大学

IMAGE: 早稲田大学
専攻職業
1国際研究販売
2リベラルアーツ事業開発
3経済学マーケティング
4政治学エンジニア
5コンピューターサイエンス媒体/通信
要約
  • 専攻分布
    社会科学と人文科学が多数
  • 主要職種
    販売、事業開発、マーケティングが多い
  • 特徴
    グローバル視野、多角的思考、ビジネスと技術の結合

\ 最新の入試情報をチェックする /

このデータから、Googleに在籍している早稲田大学出身の人たちの多くが、国際研究、リベラルアーツ、経済学、政治学といった社会科学や人文科学を専攻していることがわかります。

これは、Googleがグローバルなビジネスを展開している企業であることから、国際的な視野や多角的な思考力、そして経済や政治に対する理解が求められることを示しています。

また、専攻ランキングの5位にコンピューターサイエンスが位置していることから、技術的な知識を持つ学生も一定数存在していることがわかります。

これはテクノロジー企業であるGoogleにとって重要な専門性であり、エンジニアリングにおけるキャリアを追求する学生にとっては魅力的な選択肢と言えるでしょう。

現在の職種ランキングを見ると、販売、事業開発、マーケティングが上位に位置していますので、多くの早稲田大学の卒業生がGoogleのビジネスサイドで働いていることを示しています。

全体として、早稲田大学からGoogleに就職した人たちは、社会科学や人文科学に根ざした広い視野と知識を持ちつつ、それを具体的なビジネスの現場で活かす能力を持っている可能性があります。

また、コンピューターサイエンスを学んだ学生たちは、そのテクニカルな知識を生かしてエンジニアとして活躍していることが見て取れます。

東京大学

IMAGE: 東京大学
専攻職業
1情報科学エンジニアリング
2コンピューターサイエンス販売
3計算科学IT
4工学マーケティング
5電気工学事業開発
要約
  • 専攻分布
    技術系が中心、情報科学等が上位
  • 主要職種
    エンジニアリングが多い、ビジネス分野も存在
  • 特徴
    専門的な技術知識とビジネスへの応用

\ 最新の入試情報をチェックする /

このデータから、Googleに在籍している東京大学出身の人たちは主に技術系の学問を専攻していたようです。その中でも特に情報科学、コンピューターサイエンス、計算科学が上位を占めています。

これらは全てコンピューターとその応用に関連する専攻であり、Googleがテクノロジー企業であることを考えると、このような背景を持つ学生がGoogleに興味を持ちやすいのは理解できます。

次に、現在の職種を見ると、エンジニアリングが最も多いことがわかります。これは専攻ランキングと整合性があり、技術系の学問を学んだ学生がエンジニアリングの仕事に就くのは自然な流れです。

しかし、販売やマーケティング、事業開発といった分野に就いている人たちも少なからずいます。これは、技術的な知識を持つだけでなく、その知識をビジネスの文脈で応用する能力が求められていることを示しています。

全体的に、東京大学からGoogleに就職した人たちの多くが、専門的な技術知識を持ちつつ、それをビジネスの現場で活かすことができる能力を持っている可能性があると考えられます。

これはGoogleが求める能力の一つであり、競争力のあるビジネスを展開するために必要なスキルセットを持っていることを示しています。

楽天ブックス
¥3,520 (2024/02/24 01:52時点 | 楽天市場調べ)

慶應義塾大学

IMAGE: 慶應義塾大学
専攻職業
1経済学販売
2政治学マーケティング
3ビジネス事業開発
4情報科学IT
5環境学エンジニアリング
要約
  • 専攻分布
    社会科学系が中心、環境学も重視
  • 主要職種
    ビジネス分野が主力、技術的な役割も
  • 特徴
    ビジネス知識、持続可能性と環境意識

\ 最新の入試情報をチェックする /

Googleに在籍している慶應義塾大学出身の人たちの大学時代の専攻ランキングを見ると、経済学、政治学、ビジネスといった社会科学系の学問が上位を占めていることがわかります。これはビジネスの現場で直接的に役立つ知識やスキルを持つことの重要性を示しています。

また、専攻ランキングの5位に環境学が入っていることは興味深いです。これは企業が持続可能な経済活動や環境問題に対する社会的な認識を強めていることを反映している可能性があります。

Googleはそのビジネスモデルや製品において環境に配慮する取り組みを行っており、そのような視点を持つ人材が必要とされているのかもしれません。

現在の職種を見ると、販売、マーケティング、事業開発が上位を占めています。これらの分野では、経済学やビジネス、政治学といった知識が直接的に活かされる可能性が高いです。

また、ITとエンジニアリングもランキングに入っており、これは情報科学を専攻した学生たちが技術的な役割を担っていることを示しています。

全体的に、慶應義塾大学からGoogleに就職した人たちは、ビジネスとテクノロジーの両方に対する深い理解を持つとともに、持続可能性や環境に対する意識を持っている可能性があると考えられます。

1 2 3

免責事項

当サイトに掲載する情報の正確性について万全を期しておりますが、その内容の完全性、正確性、有用性、安全性等については、いかなる保証を行うものでもありません。また、当ウェブサイトの内容や情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、予告なく変更・改訂される場合や、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。
情報が不正確であったこと及び誤植があったことにより生じたいかなる損害に関しても、また、掲載情報に基づいて利用者が下した判断および起こした行動によりいかなる結果が発生した場合においても、その責を負いませんので予めご了承ください。

この記事をシェアする
目次