三浦学苑高等学校の詳細|入試倍率や進学実績、国際バカロレア認定校の魅力と特色

目次

三浦学苑高等学校の詳細

基本データ

学校名学校法人 三浦学苑
三浦学苑高等学校
区分私立
住所〒238-0031
神奈川県横須賀市衣笠栄町3-80
電話番号046-852-0284
ホームページ三浦学苑高等学校
SNS Instagram
Facebook
Youtube

三浦学苑高等学校では、生徒の進路に応じて多彩なコースを提供していて、それぞれの目標に合わせて最適な進路を選択することができます。

IMAGE: 三浦学苑

2021年から、全ホームルーム教室は電子黒板機能を備えたプロジェクタとWi-fi環境を完備していて、先進的な学習環境を提供しています。

また1人1台のiPadを持ち、「Google for Education」や「スタディサプリ」など、様々なアプリを利用して効率的な学習が行われています。

IMAGE:三浦学苑高等学校

新カフェテリア

2023年5月に、広々とした食堂「Miura‘s Kitchen」がオープンしました。さまざまなタイプの200席と、屋上には100席のテラスも用意されたカフェテリアです。

定食は500円、カレーライスなどは400円、ラーメンは380円となっているようです。

IMAGE: 三浦学苑
出典:三浦学苑高等学校

校内施設

出典:三浦学苑高等学校

80周年記念事業の一環として、全面人工芝となったグラウンドや新しいテニスコート、年間通して使用可能な温水プール、1300人以上の全校生徒が一度に集まって集会も出来るメインアリーナなど素晴らしい施設が整っています。

IMAGE: 三浦学苑

三浦学苑高等学校への入学

コース詳細

出典:三浦学苑高等学校
  • 普通科特進コース
  • 普通科進学コース
  • 普通科総合コース
  • 普通科IBコース
  • 工業技術科ものづくりコース
  • 工業技術科デザインコース

普通科特進コース

「難関大学受験」「英会話力向上」「キャリア教育と課外活動」この三つの柱を軸に学びを広げる特進コース。

朝学習、月水金の7時間授業、土曜日の午前授業、夏休みや冬休みには4週間の集中講義を行い、また希望制で放課後講習も実施しているなど、国公立大学や難関私立大学受験に対応したカリキュラムが実施されています。

普通科進学コース

勉学と課外活動、その両方を満喫する日々を送りながら、各々が描く夢を実現する大学への現役合格を目指すコースです。

英語を用いて「答えのない問い」について協慟的に考える授業を展開されていて、英語に限らず、考える力や探究力の涵養を目指し日東駒専・中堅大学への現役合格を目標とする。

普通科総合コース

まだ夢が見つかっていない学生に対して、将来への道筋を探すお手伝いをするコースです。

テストの成果が上がらなかった生徒に対する次回テスト前の事前講習や、定期試験対策補習など、さまざまな学習支援システムを通じて、徹底的に基礎学力の定着を目指す。

普通科IBコース

国際バカロレア・ディプロマ・プログラムを受講し、国際人育成を目指しチャレンジするコースです。

IBコースでは、日本の高校卒業資格と国際バカロレア資格の両方を取得するカリキュラムを実践されていて、これにより、国際バカロレア資格での受験を実施している海外大学の受験も可能。

工業技術科ものづくりコース

日本が世界に誇る工業技術を学び、その知恵と技術を未来につなげるコースです。

このコースでは、モノの設計から製作までをトータルに学び、機械工学、プログラミング、電気工学、ロボティクス、デザイン工学、制御工学、AIなどを横断的に習得します。

工業技術科デザインコース

業に関連するデザインの全領域を総合的に学ぶコースです。

このコースでは、製品の企画から販売までの全過程、そして立体的なオブジェクトのデザインやユーザーの使用方法を考慮した商品企画、情報やメッセージの平面表現など、工業デザインの多岐にわたる領域を学びます。

国際バカロレアコースについて

国際バカロレアDP

高校最後の2年間(16歳〜19歳)を対象とした、国際バカロレアの集大成とも言えるディプロマ・プログラムの最大の特徴として、高校2年生と3年生で所定のカリキュラムを2年間履修し、最終試験で所定の成績を収めることで、国際的に認められた大学入学資格が取得できるということ。

IBDPの最終スコアによっては、アメリカやイギリスのトップ校はもちろん、世界で100ヵ国以上の大学での入学資格となりますので、カナダやオーストラリア、ヨーロッパ、アジア諸国の世界大学ランキング上位の名門大学への進学も開かれることになります。

また昨今では、海外大学だけではなく国内の大学でも、国際バカロレアの資格を活用した試験を実施している学校も増えてきています。

国際バカロレアコース

2019年7月に国際バカロレアの認定校になった三浦学苑高等学校は、2020年度より普通科IBコースが新設されました。

バカロレアコースの授業

  • 土曜日午前の3時間と平日の7時間目も授業が実施されます。ただし、3年次においては土曜日の授業は行われない予定。
  • 1、2年次は英語力などの向上や、論理的思考の向上のため7:50より朝学習が実施される予定。
  • 1年次の夏休み・冬休みは集中講義を実施される。
  • 他コースと終業時間が異なるため、積極的な部活動への参加ができなくなる可能性があります。
受講可能な科目一覧
Group1

日本語A:言語と文学(HL)

Group2

English B(HL)

Group3

経済(SL)
歴史(HL)

Group4

生物(SL)
化学(HL)
物理(HL

Group5

数学AI(SL)
数学AA(SL)

Group6

開講の予定なし

大学合格・進学実績

2021年度

出典:三浦学苑高等学校
国公立大学横浜市立大学
神奈川県立保健福祉大学
海上保安大学校
難関4年制大学慶應義塾大学
上智大学
東京理科大学
明治大学
法政大学
青山学院大学
明治学院大学
國學院大學
成蹊大学
成城大学
他多数

入学試験の概要

募集人員

定員は普通科352名、工業技術科84名の計436名となっています。

推薦入試一般入試
書類選考チャレンジ筆記
普通科特進コース10名10名
進学コース83名83名
総合コース78名78名
IBコース5名5名
工業技術科ものづくりコース21名21名
デザインコース21名21名
帰国生徒若干名若干名

入試方法

推薦入試(専願)三浦学苑高等学校を第1志望(専願)の学生。
※他校との併願はできません。
一般入試
種類選考(併願)
主に三浦学苑高等学校以外の公立高校などを受験(併願)する学生。
一般入試
チャレンジ筆記(専願・併願)
①筆記試験結果による特待生の認定を目指す学生
②内申点による方各基準を満たさない科・コースの合格を目指す学生

推薦入試 選考方法

普通科(特進・進学・総合)
工業技術科
普通科IB
①面接試験
②調査書
①小論文試験(日本語で800字程度)
②日本語面接試験
③英語面接試験
④調査書

以下の場合、英語面接試験が免除されます。
・実用英語技能検定2級以上
・CEFRで同レベル相当

一般入試 選考方法

普通科(特進・進学・総合)
工業技術科
普通科IB
チャレンジ筆記(専願・併願)
①調査書
②自己PRシート
①筆記試験
英語
国語
数学
②調査書
①筆記試験:英語のみ
②小論文試験(日本語で800字程度)
③英語面接試験
④調査書

以下の場合、英語面接試験が免除されます。
・実用英語技能検定2級以上
・CEFRで同レベル相当

過去の入試倍率

2022年度

コース区分受験者数合格者数倍率
IB推薦00
筆記10101.00倍
特進推薦881.00倍
筆記・書類46461.00倍
進学推薦1081081.00倍
筆記・書類2352351.00倍
総合推薦1441441.00倍
筆記・書類3023021.00倍
工業技術推薦41411.00倍
筆記・書類1221221.00倍

2021年度

コース区分受験者数合格者数倍率
IB推薦221.00倍
筆記111.00倍
特進推薦12121.00倍
筆記・書類41411.00倍
進学推薦77771.00倍
筆記・書類2612611.00倍
総合推薦1751751.00倍
筆記・書類3053011.01倍
工業技術推薦43431.00倍
筆記・書類87841.03倍

2020年度

コース区分受験者数合格者数倍率
IB推薦441.00倍
筆記771.00倍
特進推薦441.00倍
筆記・書類48481.00倍
進学推薦73731.00倍
筆記・書類2732731.00倍
総合推薦1621601.01倍
筆記・書類3683651.00倍
工業技術推薦41411.00倍
筆記・書類98971.01倍

学費など費用について

学費関係

項目金額備考
入学金200,000円S特待は免除
施設設備拡充費200,000円S特待は免除
制服約55,000円
体育用品等約40,000円
教材関係約50,000円

IBコースの場合、他コースで利用するiPadの購入は不要となりますが、代わりにノートパソコンを購入する必要があります。

項目年間金額備考
授業料420,000円S特待は免除
維持費120,000円S特待は免除
生徒会費・後援会費25,200円
特進コース学級費約50,000円(年間)
イングリッシュキャンプ(1年次約50,000円
修学旅行(2年次、語学研修)約400,000円
IBコースIB教育費240,000円(年間)
ノートパソコン
IB試験受験費用など
約300,000円
その他、教育活動費約500,000円

奨学生制度

勉学特待

【推薦入試】
人物が良好であり、学業成績が本校の奨学生基準を満たしている者とし、かつ出身中学校長の推薦が得られる者。
ただし、3年の全教科の評定に「1」がないこと。

【一般入試】
次の①、②のいずれかを満たす者とする。
①学業成績が本校の奨学生基準を満たしている者。ただし、3年の全教科の評定に「1」がないこと。
②「一般入試、チャレンジ筆記」で受験し、筆記試験の結果が優れていた者。ただし、「S」は普通科特進コース、進学コース、IBコースへの入学に限る

スポーツ・文化特待

※推薦入試のみ対象

次の①、②の両方を満たす者とする。

  1. 中学校の部活動や外部のクラブチーム等においてのスポーツ・文化活動の実績が顕著で、人物および学力にすぐれ、本校の特待規定を満たし、かつ出身中学校長の推薦が得られる者。
  2. スポーツ・文化活動に該当する、本校運動部、文化部で3年間継続して活動する意思のある者。

※硬式および軟式野球部の特待生の人数は5名以内とする。

特典および奨学生基準

3年5科=国語、社会、数学、理科、英語

種類推薦入試一般入試特典
免除内容と奨学金
勉学特待スポーツ・
文化特待
勉学特待
S3年5科の5段階評定の合計が22/25以上上記の資格に基づき選考チャレンジ筆記の結果による認定のみ入学金・施設設備拡充費免除。
授業料・維持費相当額を3年間支給
A3年5科の5段階評定の合計が20/25以上3年5科の5段階評定の合計が21/25以上。

または、チャレンジ筆記の結果による認定
授業料相当額を1年次の1年間支給
B上記の資格に基づき選考施設設備拡充費を全額免除
C3年5科の5段階評定の合計が18/25以上3年5科の5段階評定の合計が19/25以上施設設備拡充費のうち100,000円を免除
D施設設備拡充費のうち50,000円を免除

奨学金関係

私立学校学費支援制度

http://www.pref.kanagawa.jp/docs/v3e/jyosei/gakuhisien/index.html

免責事項
当サイトに掲載する情報の正確性について万全を期しておりますが、その内容の完全性、正確性、有用性、安全性等については、いかなる保証を行うものでもありません。また、当サイトの内容や情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、予告なく変更・改訂される場合や、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。
情報が不正確であったこと及び誤植があったことにより生じたいかなる損害に関しても、また、掲載情報に基づいて利用者が下した判断および起こした行動によりいかなる結果が発生した場合においても、その責を負いませんので予めご了承ください。
当サイトの一部のコンテンツ作成にはAI技術を活用しています。最新の技術を活用して、皆様により価値のある情報を提供することを目指しています。

記事内容に誤りがありましたら
以下のフォームよりお知らせください。

    この記事をシェアする
    目次