スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)へ入学するための要件|国際バカロレア資格要件など

目次

スイス連邦工科大学ローザンヌ校の詳細

基本データ

設立1969年
都市ローザンヌ
学生数学部生:6,428人
大学院生:3,708人
ホームページ学校サイト
世界大学ランキングTHE:41位(2023年)
QS:16位(2023年)

世界有数のヨーロッパを代表するスイスの国立大学で、最先端の教育環境で勉強や研究をすることが出来る大学ということで、非常に学力も人気も高い大学となっています。

IMAGE: EPFL

世界大学ランキングでも50位以内と上位に位置している大学ですが、直近2023年度版のTHE世界大学ランキングでは41位、QSランキングでは16位と、日本の東京大学(THE:39位、QS:23位)と同程度に位置する大学となっています。

大学THEQS
東京大学3923
EPFL4116

世界大学ランキングの推移

世界大学ランキングの中でも特に有名な、イギリスの毎年秋に発行していTHE(タイムズ・ハイヤー・エデュケーション)世界大学ランキングと、イギリスの大学評価機関QS(クアクアレリ・シモンズ)が毎年9月に公表している世界の大学ランキングの推移です。

年度THEQS
2023年度4116
2022年度4014
2021年度4314
2020年度3818
2019年度3522
2018年度3812
2017年度3014
2016年度3114
2015年度3417
2014年度3719
2013年度40
2012年度4629

生徒数 2011〜2021年

IMAGE: EPFL

2021年の生徒数
学部生6,428人
大学院生3,708人
博士号2,407人
MBA177人

入学要件

日本の高校を卒業した場合

スイス🇨🇭の大学への入学要件

🇯🇵日本
高等学校卒業証明(普通科)

以下の一般教育科目を履修していること(最終3年間)

  • 第一外国語(母国語)
  • 第二外国語
  • 数学
  • 自然科学(生物学、化学、物理学)
  • 人文・社会科学(地理、歴史、経済・法学)
  • 選択科目(カテゴリー2、4、5から1科目、またはコンピュータ・サイエンス、哲学。コンピューターサイエンスと哲学は6科目目としてのみ選択可能)

EPFLの要件

高等学校卒業証明書
EPFL 入学試験

国際バカロレア資格の場合

ETHZの要件

数学(HL)
物理(HL)
言語A

を含んだ合計点が42点中38点以上(ボーナスポイントなし)

以下のうち、3科目を修了していること

  • 応用数学またはコンピュータ・サイエンス
  • 地理
  • 歴史または哲学
  • 第2現代語
  • 化学または生物

その他の場合、EPFL入学試験を受ける

指定されている科目を履修完了し、コア科目抜きの6科目で42ポイント中38ポイントというハイスコアをとることが出来れば、世界でも屈指の名門スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)への道が見えてくるということになります。

もしIBDP最終スコアが38ポイントに満たない場合でも、32ポイントから37ポイント(ボーナスポイント)の学生にはCMSという、フランス語で行われる1年間の準備コースに参加することが出来ます。

38ポイント以下でも準備コースに参加できる

この準備コースCMSでは、1年後に可能な限り最高の条件で学士号のコースに参加できるように、EPFLで使用される教授法に慣れ、知識を向上させ、キャンパスで提供される学生生活に没頭する時間が与えられるようになっています。

言語要件

生活コストが高いと言われるスイスですが、国公立大学の学費は非常に安いという事もあり、学士課程では言語要件があるものの、人気の高い学校であることは間違いありません。

修士号になると、言語要件としてフランス語の証明等も必要なく、英語のみで行われているものも多数ありますが、学士号プログラムのほとんどのコースはフランス語で行われます。

英語による授業は原則として1セメスターにつき1科目までとなっているため、フランス語のレベルB2が必要とされています。(推奨はレベルC1)

数学と物理の一部のコースでは、英語またはドイツ語がオプションとして提供される場合があります。

学士課程の開講プログラム

学士課程は通常3年間で180単位(ECTS)を取得することになります。

School of basic sciences
基礎科学部

  • Chemistry and Chemical Engineering
    化学と化学工学
  • Mathematics
    数学
  • Physics
    物理

School of computer and communication sciences
コンピュータ・コミュニケーション科学部

  • Computer Science
    コンピューターサイエンス
  • Communication Systems
    通信システム

School of engineering
工学部

  • Electrical and Electronic Engineering
    電気・電子工学
  • Mechanical Engineering
    機械工学
  • Microengineering
    マイクロエンジニアリング
  • Materials Science and Engineering
    材料工学

School of life sciences
ライフサイエンス学部

  • Life Sciences Engineering
    生命科学工学

School of architecture, civil and environmental engineering
建築・土木・環境工学部

  • Architecture
    建築学
  • Civil Engineering
    土木工学
  • Environmental Sciences and Engineering
    環境科学・工学部

大学の学費

  • 入学金0円
  • 授業料(年間):1460CHF
    (日本円で約170,000円〜210,000円)
  • その他強制費用(年間):148CHF

スイスの国公立大学は、ほとんどが公的資金でまかなわれています。

そのおかげで、スイス連邦工科大学チューリッヒ校(ETHZ)ではスイスの国民も留学生も全学生が同額で、アメリカやイギリスなどに比べて学費が非常に安くなっています。

授業料は1学期で730CHFとなっていますので年間で1,460CHF。

2021年の後半から為替の大きな変動が続いていて、それまでは1CHF=120円前後でしたので、1,460CHF=175,200円となっていました。

しかし、2022年の後半では1CHF=145円前後となっていますので、1,460CHF=211,700円ほどとなっています。

2021年後半
1CHF=120円前後
1,460CHF=175,200円

2022年後半
1CHF=145円前後
1,460CHF=211,700円

東京と比較した場合の生活コスト

為替レート146円で計算した場合、EPFLのあるローザンヌの生活コストは、東京の1.5倍必要という試算があります。

項目東京ローザンヌ
食品100%184%
家賃100%135%
衣類100%213%
交通100%119%
パーソナルケア100%257%
エンタメ100%172%
トータル100%151%
Expatistanでの比較

スイス ローザンヌのコストは、東京に対してトータル151%とのことですので、東京での生活コストを150,000円前後とした場合、ローザンヌで生活するには225,000円必要になってくるということになります。

生活コスト
例)東京:150,000円
ローザンヌ:225,000円

為替の変動によっては120〜130%ほどとも言われていますので、もう少し抑えることが出来るのかもしれません。

ただ学費が無料ですので、日本の国公立大学の年間授業料535,800円まで入れて計算すると、東京で1人暮らしの学生生活よりも、スイスで学生生活を送る方がトータル安価で終えられるということになります。

スイスの文化都市ローザンヌ

ジュネーブ空港から電車で30分ほどの場所にあるローザンヌは、スイスを代表する文化都市で学問や芸術の中心地でもあり、沢山の文化スポットや、世界的な大学や研究所、国際オリンピック委員会(IOC)の本部があるヨーロッパを結ぶ街です。

公用語はフランス語(スイス・ロマンド)となっていて、観光地などでは英語も比較的よく通じるようですが、フランス語圏ということなのでフランス語を覚えた方が生活の質が上がることは間違いありません。

免責事項
当サイトに掲載する情報の正確性について万全を期しておりますが、その内容の完全性、正確性、有用性、安全性等については、いかなる保証を行うものでもありません。また、当サイトの内容や情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、予告なく変更・改訂される場合や、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。
情報が不正確であったこと及び誤植があったことにより生じたいかなる損害に関しても、また、掲載情報に基づいて利用者が下した判断および起こした行動によりいかなる結果が発生した場合においても、その責を負いませんので予めご了承ください。
当サイトの一部のコンテンツ作成にはAI技術を活用しています。最新の技術を活用して、皆様により価値のある情報を提供することを目指しています。

記事内容に誤りがありましたら
以下のフォームよりお知らせください。

    この記事をシェアする
    目次