【Meta】就職率の高い日本の大学トップ10と大学専攻|GAFAMで働く為のヒント

目次

オンライン家庭教師EDUBAL
IB(国際バカロレア)対策コースも

オンラインで受講
教師は全員IB経験者
ほとんどのIB科目に対応

\ 詳細はこちらから /

Meta(メタ)社とは

Meta(以前のFacebook, Inc.)は、人々が繋がりを深め、情報を共有し、コミュニケーションを取るためのオンラインプラットフォームと技術を提供する世界的な企業です。

Facebook、Instagram、WhatsApp、Messengerなどの人気のあるソーシャルメディアアプリケーションを運営していて、また、企業間のコミュニケーションを助けるためのツールや、ビジネスのマーケティングをサポートする広告プラットフォームも提供しています。

その名前が示す通り、Meta社は仮想現実(VR)、拡張現実(AR)、そして物理的な現実を組み合わせた、全く新しい次元のデジタル空間「メタバース(Metaverse)」へのシフトを目指しています。

この構築を通じて、より没入的なデジタル体験を提供し、人々の生活や働き方を革新しようとしています。

Meta(メタ)社で働く

IMAGE: Impress Watch

自己と技術の進化

Metaでの仕事は、革新的なテクノロジーを用いて世界をつなげるという大きなビジョンに貢献するということを意味します。

社員は各自の専門分野を生かし、自らの技術と創造性を用いて、ユーザーのコミュニケーション体験を進化させるプロジェクトに取り組みます。

また、絶えず変化し進化するテクノロジーの世界に対応するため、自己啓発やスキルアップも推奨されます。

多くの役職でリモートワークやフレキシブルな働き方が可能であり、仕事とプライベートのバランスを保つ努力が認められています。また、健康と福利厚生も重視され、ジムやヘルスケア、心理的なサポートなどの多様な福利厚生が提供されます。

充実したキャリア

Metaでは、人々の生活を向上させ、世界をよりつなげるための製品とサービスを開発するために、さまざまなバックグラウンドを持つ人材を求めています。

それはエンジニアリング、プロダクトデザイン、データ分析、マーケティング、人事など、多岐にわたる分野での専門知識を含みます。

将来的には、Metaが推進するメタバースへのシフトは、テクノロジー業界だけでなく、エンターテイメント、教育、医療など、さまざまな産業に新しいキャリアの機会をもたらす可能性があります。

これら全てが、Metaでのキャリアを興味深く充実したものにしています。

今回の記事では、日本在住でMetaで働く人たちの出身大学と現在の職種のデータを取りまとめました。

これからの進学先やキャリアパスを決める上での参考になると嬉しいです。

※Linkedinから抽出

出身大学ランキング (Meta in Japan)

出身大学
  1. 慶應義塾大学
  2. 早稲田大学
  3. 東京大学
  4. 上智大学
  5. 国際基督教大学
  6. 一橋大学
  7. 京都大学
  8. 東京工業大学
  9. 神戸大学
  10. 青山学院大学

1位と2位で半数以上

慶應義塾大学と早稲田大学の出身者がTOP10大学の半数以上を占めています

これは、これらの大学が文系・理系問わず多様な学問分野を持つ総合大学であり、優れた人材を育てることで知られているからといえます。

また、Metaにとって重要なビジネスやテクノロジー、コミュニケーションなどの分野で、これらの大学が強いとされていることも関わっていると考えられます。

国公立大学も強い

東京大学、一橋大学、京都大学、東京工業大学といった、一部の国公立大学からの人数も多いです。

これは、これらの大学が日本国内外で高い評価を受けていて、理系を中心に優秀な人材を輩出しているためでしょう。

上智・ICU

上智大学や国際基督教大学など、英語教育に力を入れている大学の卒業生も一定数います。

これは、Metaがグローバルな企業であるため、英語力が求められ、そのような環境で学んだ学生が有利になることを示しているかもしれません。

これらの考察から、Metaは多様な背景を持つ人材を求めていて、その中でも特に一部の有名大学からの人材を高く評価している可能性が示唆されます。

専攻 (Meta in Japan)

次に、彼らが何を専攻していたのかを見てみると、トップ10は以下のようになりました。

上図のデータを見てみると、経済学ビジネス経営学といったビジネス関連の専攻が上位に来てることが分かります。

これはMetaが広範なビジネスモデルを持っていて、その運営には経済の理解や、戦略的思考、意思決定力などが求められるからだと考えられます。

また、これらの学問は市場分析や消費者行動の理解など、マーケティングの基礎ともなります。

そして、コンピューターサイエンスや電子工学のような技術関連の専攻も上位に来ているのは、Metaがテクノロジー企業であり、その製品とサービスの開発には最新のコンピューターサイエンスやエンジニアリングの知識が必要であるからといえます。

マーケティングと通信学がリストに含まれていることは、Metaのビジネスモデルがユーザーエンゲージメントと広告収入に大きく依存していることを示しています。これらの専攻は、ユーザーの行動の理解や、効果的なコミュニケーション戦略の開発に役立ちます。

楽天ブックス
¥1,210 (2024/02/27 12:10時点 | 楽天市場調べ)

慶應義塾大学

専攻職業
1経済学事業開発
2政治学マーケティング
3法律研究
4ビジネス
5
要約
  • 主な専攻
    経済学、政治学、法律、ビジネス
  • 現職種
    事業開発、マーケティング、研究
  • 専攻と職種の関連
    ビジネス戦略、市場開拓、法規制理解
  • 重要な役割
    商機探求、ブランド価値向上、国際ビジネス理解

\ 最新の入試情報をチェックする /

上表は、慶應義塾大学出身で日本在住のMeta社員のデータですが、登録されている人データが分散していたので、一部まとまった部分のデータのみとしました。

このデータから見ると、慶應義塾大学出身者は、経済学、政治学、法律、ビジネスといった専攻が上位にきていることが分かります。

これらの専攻は、社会の動きや組織の運営、マーケティング戦略の理解など、ビジネスの幅広い側面に対する深い理解を育むものといえます。

次に、現在の職種について見ると、事業開発、マーケティング、研究の順に人数が多いとのことで、慶應義塾大学出身者がビジネスの戦略的な側面や新しい市場や製品の開拓、消費者行動の分析や新たな知見の発見といった重要な役割を担っていることを示しています。

事業開発とマーケティングは、新たな商機の探求やブランド価値の向上に対する洞察力を必要としますので、経済学やビジネスの知識が役立つのでしょう。

一方、政治学や法律の知識は、国際的なビジネス環境や法規制の理解に有用であり、これらの分野での専門知識を持つ人々が事業開発やマーケティングの職務に貢献することが期待されます。

早稲田大学

専攻職業
1リベラルアーツマーケティング
2電子工学事業開発
3国際研究媒体・通信
4スポーツ学研究
5マーケティング運営
要約
  • 主な専攻
    リベラルアーツ、電子工学、国際研究、スポーツ学、マーケティング
  • 現職種
    マーケティング、事業開発、媒体・通信、研究、運営
  • 専門知識の利用
    複雑な問題解決、テクノロジー理解、多様な人材の受け入れ
  • 特性・特色
    複雑な問題解決、広範な知識の活用、戦略的思考

\ 最新の入試情報をチェックする /

上表は早稲田大学出身で日本在住のMeta社員のデータですが、大学時代の専攻ランキングを見てみると、リベラルアーツ、電子工学、国際研究、スポーツ学、マーケティングと多様な専攻が並んでいます

リベラルアーツは、広範囲にわたる教養を育て、複雑な問題を多角的に理解する能力を養います。電子工学やマーケティングのような専門的な学問は、テクノロジーや市場分析の深い理解を可能にし、Metaの製品開発やビジネス戦略に貢献すると考えられます。

現在の職種を見ると、マーケティング、事業開発、媒体・通信、研究、運営となっていて、これらは早稲田大学出身の社員がMetaの様々な領域で活躍していることを示しています。

特にマーケティングと事業開発の領域での活躍は、リベラルアーツやマーケティングの専攻者がその広範な知識と複雑な問題解決能力を活かしている可能性を示唆しています。

一方、スポーツ学の専攻者もMetaで活躍していることから、同社が多様なバックグラウンドを持つ人材を受け入れ、その特性を活かしていることがわかります。

スポーツ学の専攻者は、チームワークやリーダーシップ、目標達成のための戦略的思考などを学びますので、これらの能力を事業開発や運営といった職種で活用しているのかもしれません。

楽天ブックス
¥3,520 (2024/02/24 01:52時点 | 楽天市場調べ)

免責事項

当サイトに掲載する情報の正確性について万全を期しておりますが、その内容の完全性、正確性、有用性、安全性等については、いかなる保証を行うものでもありません。また、当ウェブサイトの内容や情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、予告なく変更・改訂される場合や、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。
情報が不正確であったこと及び誤植があったことにより生じたいかなる損害に関しても、また、掲載情報に基づいて利用者が下した判断および起こした行動によりいかなる結果が発生した場合においても、その責を負いませんので予めご了承ください。

この記事をシェアする
目次