【Microsoft】就職者が多い日本の大学トップ10と大学専攻|GAFAMで働く為のヒント

目次

オンライン家庭教師EDUBAL
IB(国際バカロレア)対策コースも

オンラインで受講
教師は全員IB経験者
ほとんどのIB科目に対応

\ 詳細はこちらから /

Microsoft(マイクロソフト)とは

Microsoft(マイクロソフト)は、世界をリードするテクノロジー企業の一つで、コンピューターソフトウェア、ハードウェア、クラウドサービスの開発と販売を行っている企業です。

私たちにとって特に馴染み深いのが、マイクロソフトが開発した「Windows」オペレーティングシステムと「Microsoft Office」シリーズではないでしょうか。

これらの製品は、パソコンを使用する人たちにとっては日常生活に欠かせないものとなっています。

「Microsoft Office」は、ワードプロセッサーの「Word」、スプレッドシートの「Excel」、プレゼンテーション作成ツールの「PowerPoint」など、多くの有用なソフトウェアを一つにまとめたパッケージで、これらのソフトウェアを使いこなす能力は、学業や将来のキャリアにおいて重要なスキルとなります。

現在ではLinkedInやSkype、GitHubなどの有名な企業も傘下に収めていて、これらのサービスは、人々がコミュニケーションを取り、仕事を見つける方法を変えました。

楽天ブックス
¥1,760 (2023/07/25 18:01時点 | 楽天市場調べ)

Microsoft(マイクロソフト)で働く

フレキシブルな働き方

マイクロソフトでは、従業員の働きやすさが重視されていて、フレキシブルな働き方を推進し、仕事とプライベートのバランスを取ることをサポートしてくれていて、リモートワークやテレワークも容易に行える環境が整っています。

従業員の知識とスキルを高めるための機会も豊富にあり、新しいアイデアと技術を積極的に探求し、それを製品やサービスに反映させることを奨励しています。

スキルを向上できる環境

また、成長と教育に強く焦点を当てているため、技術的スキルだけでなくリーダーシップやコミュニケーションスキルの向上にも資源を投資しています。

多様性と包摂性はマイクロソフトのコアバリューの一部であり、これにより全ての従業員がその能力を最大限に発揮できる場を提供しています。

マイクロソフトで働くことは、自己成長と挑戦の機会に満ち、一方で個々のライフスタイルや価値観を尊重する環境です。技術を通じて世界に影響を与えることに情熱を持つ人々にとって、マイクロソフトは魅力的な職場と言えるでしょう。

今回の記事では、日本在住でMicrosoftで働く人たちの出身大学と現在の職種のデータを、Linkedinから取りまとめました。これからの進学先やキャリアパスを決める上での参考になると嬉しいです。

出身大学ランキング (Microsoft in Japan)

出身大学
  1. 早稲田大学
  2. 慶應義塾大学
  3. 東京大学
  4. 京都大学
  5. 明治大学
  6. 東京工業大学
  7. 同志社大学
  8. 法政大学
  9. 大阪大学
  10. 上智大学

トップ大学が上位を占める

このデータから、日本在住でMicrosoftで働いている人たちの出身大学の大半が早稲田大学、慶應大学、東京大学などの大学出身であることがわかります。

これらの大学は日本国内で高い評価を得ている大学であり、学生たちに高度な教育と専門的なスキルを提供しています。

また、これらの大学からの卒業生がマイクロソフトに大量に雇用されているという事実は、マイクロソフトが高度な専門知識と技術を持つ人材を重視していることを示しています。

関東地方の大学が多い

また、上位の大学の多くは関東地方の大学であり、これはマイクロソフトの日本法人が東京に拠点を置いていることと関連がある可能性があると考えられます。地理的な近さは、卒業生が就職活動を行う際の選択肢を形成する一因となるでしょう。

しかし、京都大学、大阪大学のような関西地方の大学もランキングに入っており、また同志社大学や上智大学のような私立大学も含まれていることから、マイクロソフトが全国各地の大学から多様なバックグラウンドを持つ人材を採用していることがわかります。

これは、マイクロソフトが多様性を重視し、異なる視点やアイデアを尊重する企業文化を持っていることを示していると考えられます。

専攻分野 (Microsoft in Japan)

ITとビジネス分野

このデータから、マイクロソフトで働く日本人従業員の多くが、大学時代に科学技術(特にコンピュータ関連)やビジネス(経済学、経営学、ビジネス)の分野を学んでいたことが分かります。

また、法律や国際研究を専攻していた従業員もいることから、テクノロジーだけでなく、法規制や国際的な視点からビジネスを考える能力もマイクロソフトでは重視されていることが読み取れます。

1位のコンピューターサイエンスと4位の計算科学、5位の情報科学、6位の電子工学、7位の情報技術は全てテクノロジー関連の専攻であり、その人数が多いことからマイクロソフトの主要業務であるソフトウェア開発やハードウェア設計に関わる職種が多いと推測できます。

一方で、2位の経済学、3位の経営学、8位のビジネスのようなビジネス関連の専攻も上位にあります。これは、マイクロソフトがテクノロジーだけでなく、ビジネス戦略やマネジメントに関する知識を持つ人材も重視していることを示しています。

これらの知識は、製品の開発だけでなく、マーケティング、販売、経営戦略の策定など、企業運営の多くの面で活用されます。

法律や国際研究などの分野

さらに、法律や国際研究のような、他の一見関連性の低い専攻を持つ人々もマイクロソフトで働いています。これは、マイクロソフトが多様性を尊重し、異なる視点を持つ人材を採用することで、新しいアイデアや解決策を導き出している可能性を示しています。

楽天ブックス
¥1,210 (2024/02/27 12:10時点 | 楽天市場調べ)

マイクロソフトはテクニカルなスキルだけでなく、ビジネス知識や他の専門知識を持つ人材を重視し、また多様なバックグラウンドを持つ人材を活用していることがわかります。

各大学出身者の専攻分野詳細と現在の職種

早稲田大学

IMAGE: 早稲田大学
専攻職業
1経済学IT
2コンピューターサイエンス販売
3リベラルアーツエンジニアリング
4電子工学サポート
5国際研究事業開発
要約
  • 専攻
    ビジネス系が多いが、エンジニアリングや多岐にわたる学問も
  • 職業
    IT分野が中心で、販売や顧客サポートも存在
  • 特徴
    戦略的な思考、技術的な能力、多岐にわたるビジネススキル

早稲田大学出身でマイクロソフトに勤務している日本在住の人々が専攻していたものを見ると、1位は経済学で、これはビジネスやマーケティング、財務管理などのスキルを育てる分野であり、マイクロソフトの事業運営や戦略策定に重要な役割を果たしている可能性があります。

また、2位のコンピューターサイエンスと4位の電子工学は、テクノロジーとエンジニアリングに関連した分野であり、これらの専攻者はエンジニアリングやITの職種についている可能性が高いです。

一方、3位のリベラルアーツと5位の国際研究は、幅広い学問領域をカバーしていて、多様な視点や問題解決能力を育てる専攻です。これらの分野からの卒業生は、事業開発やサポートなど、異なる視点やスキルが求められる職種に就いている可能性があります。

現在の職種について見ると、1位のITと3位のエンジニアリングは、マイクロソフトのコアビジネスであるテクノロジー関連の仕事で、これは大学時代にコンピューターサイエンスや電子工学を学んだ人々が就く可能性が高い職種です。また、2位の販売は、経済学を学んだ人々が強みを活かせる分野であると考えられます。

4位のサポートと5位の事業開発は、顧客対応能力や新しいビジネス機会の発見といったスキルが求められます。これらの職種にはリベラルアーツや国際研究を学んだ人々が、その広範な知識と視野を活かしている可能性があります。

慶應義塾大学

IMAGE: 慶應義塾大学
専攻職業
1経済学販売
2コンピューターサイエンスIT
3政治学エンジニアリング
4ビジネスサポート
5経営学事業開発
要約
  • 専攻
    ビジネス関連の学問とエンジニアリングが中心、政治学で社会的視点も
  • 職業
    販売が1位、ITとエンジニアリング、サポートと事業開発も重視
  • 特徴
    企業の運営能力、技術の進歩への対応、顧客対応と新しいビジネスチャンスの探求

慶應義塾大学出身でマイクロソフトに勤務している日本在住の人々の大学時代の専攻と現在の職種のデータを見ると、経済学、ビジネス、経営学といったビジネス関連の学問とIT、エンジニアリングの技術職が高い位置を占めていることがわかります。

1位の経済学、4位のビジネス、5位の経営学の専攻者は、マーケティング戦略、財務管理、事業開発など、企業の運営に関連する様々な分野で活躍する能力を育んできた可能性があります。

特に、現在の職種の1位が販売であることから、慶應義塾大学出身の従業員はビジネス面での役割を担っている可能性が高いと推測できます。

また、2位のコンピューターサイエンスの専攻者は、マイクロソフトの主要業務であるITとエンジニアリングにおいて重要な役割を果たしているでしょう。これらの専門分野は、テクノロジーの急速な進歩に対応する能力を必要とします。

3位の政治学は、社会的な視点からの問題解決や、政策の理解、交渉力などのスキルを育む専攻です。この専門知識を持つ従業員は、企業の戦略立案やマーケティング、さらには企業の社会貢献活動に影響を与える可能性があります。

現在の職種の4位と5位がサポートと事業開発であることは、テクノロジーだけでなく、顧客対応や新しいビジネスチャンスの探求にも重きを置いていることを示しています。これは、マイクロソフトが持続的な成長と革新を追求していることを示しています。

楽天ブックス
¥3,520 (2024/02/24 01:52時点 | 楽天市場調べ)

東京大学

IMAGE: 東京大学
専攻職業
1情報科学エンジニアリング
2コンピューターサイエンスIT
3物理学販売
4工学サポート
5経済学アート/デザイン
要約
  • 専攻
    テクノロジーと科学が中心、経済学も存在
  • 職業
    エンジニアリングとITが主力、販売とアート/デザインも
  • 特徴
    深い理解を持つコンピュータシステムと情報技術、ビジネス運営、ユーザーエクスペリエンスの最適化

このデータから、東京大学出身で日本在住のマイクロソフト社員の中には、テクノロジーと科学に関連する専攻を選んだ人が多いことが伺えます。さらに、それらのスキルと知識が現在の職種に反映されていることがわかります。

1位の情報科学と2位のコンピューターサイエンスは、コンピュータシステムや情報技術に関する深い理解を持つことを示していて、これらの専攻を持つ人々は、現在の職種である1位のエンジニアリングと2位のITにおいて重要な役割を果たしている可能性が高いです。

3位の物理学と4位の工学もまた、問題解決、分析、システムの理解といったスキルを育むため、これらの領域を学んだ人々はエンジニアリングやITにおいて貢献している可能性があります。

5位の経済学は、ビジネス運営や財政管理に関する理解を深める学問で、これらの知識を持つ人々は、3位の販売などのビジネス関連の職種に就いている可能性があります。

また、現在の職種で注目すべきは、5位にアート/デザインがランクインしている点です。

これは、ソフトウェアやハードウェアのデザイン、ユーザーエクスペリエンスの最適化など、マイクロソフトの製品やサービスの見た目や使い勝手に対する独自の視点や能力を持つ人々がいることを示しています。

1 2 3

免責事項

当サイトに掲載する情報の正確性について万全を期しておりますが、その内容の完全性、正確性、有用性、安全性等については、いかなる保証を行うものでもありません。また、当ウェブサイトの内容や情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、予告なく変更・改訂される場合や、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。
情報が不正確であったこと及び誤植があったことにより生じたいかなる損害に関しても、また、掲載情報に基づいて利用者が下した判断および起こした行動によりいかなる結果が発生した場合においても、その責を負いませんので予めご了承ください。

この記事をシェアする
目次