【Deloitte】就職者が多い日本の大学トップ10校と大学専攻|BIG4巨大会計事務所グループ

目次

オンライン家庭教師EDUBAL
IB(国際バカロレア)対策コースも

オンラインで受講
教師は全員IB経験者
ほとんどのIB科目に対応

\ 詳細はこちらから /

Deloitte(デロイト)とは

IMAGE:behance.net

Deloitte(デロイト)は、世界最大級のプロフェッショナルサービスネットワークの一つで、オーディット、税務、コンサルティング、リスクアドバイザリーなどの各種サービスを提供しているグローバル企業です。

クライアントのビジネスをより良いものにするために、様々な業界や領域での深い専門知識と広範な視野を活用し、最適な解決策を提案します。

デロイトの強みは、150以上の国と地域に存在する組織のネットワークによって、グローバルな視点でのコンサルティングが可能であることです。

デロイトは、世界中で数百万人ものビジネスパーソンに影響を与える重要な決定をサポートし、その一方で、社会的責任も重視しています。

環境、社会、ガバナンス(ESG)の取り組みにも積極的で、持続可能性や社会的責任を果たすためのソリューションをクライアントに提供する一方、自身もその実践に努めています。

Deloitte(デロイト)で働く

IMAGE: OFFICE SNAPSHOTS

デロイトで働くということは、世界をリードする多種多様なクライアントと共に成長し、高度な専門知識を深め、自身のキャリアを開花させるチャンスです。

デロイトは絶えず変化するビジネス環境に対応するため、柔軟性、学習能力、チームワークが求められる職場です。特に、新たな情報技術やデジタルトランスフォーメーションへの理解と対応力はますます重要となっています。

働く意義があるデロイト

デロイトでの経験は、広範で深い専門知識を培い、グローバルな視点を持つことができる貴重な機会です。これからの社会をリードするための知識と経験を積む場として、デロイトは非常に有意義な選択肢となるでしょう。

また働き方にも柔軟性があり、テクノロジーの進化によってリモートワークやフレキシブルな働き方が可能となっています。そして従業員の生活と仕事のバランスを尊重し、それぞれのライフスタイルに適応した働き方を提供しています。

今回の記事では、日本在住でDeloitte(デロイト)で働く人たちの出身大学と現在の職種のデータを、Linkedinから取りまとめました。これからの進学先やキャリアパスを決める上での参考になると嬉しいです。

出身大学ランキング(Deloitte in Japan)

出身大学
  1. 慶應義塾大学
  2. 早稲田大学
  3. 東京大学
  4. 京都大学
  5. 上智大学
  6. 明治大学
  7. 大阪大学
  8. 中央大学
  9. 一橋大学
  10. 同志社大学

このデータからは、デロイトの従業員の大部分が日本の一流大学出身であることが読み取れます。これは、デロイトが厳格な採用基準を持ち、従業員に高い教育水準を期待していることを示しています。

また、これらの大学は、ビジネス、経済、法律など、デロイトの業務範囲に直結するプログラムを提供していることでも知られています。

トップ私大が上位を占める

特に慶應義塾大学と早稲田大学からの従業員数が多く、これらの大学は、優れた商学部門と強いアルムニネットワークで知られ、また東京に位置しているため、デロイトの東京オフィスと地理的な近さもあるでしょう。

また、明治大学、中央大学、一橋大学といった私立大学からも相当数の従業員がデロイトで働いていて、同志社大学や大阪大学のような関西の大学からの採用も見られることから、デロイトが多様な教育背景を持つ人材を受け入れていることがわかります。

トップ国公立出身者も多い

東京大学や京都大学といった国立大学からの採用もあり、これらの大学は、日本国内外で高い評価を受けていて、卒業生は一般的に高い分析能力と問題解決能力を持つとされています。

また、これらの大学からの採用が多いことは、デロイトが学術的な実績と理論的な知識を高く評価していることを示しています。

楽天ブックス
¥1,210 (2024/02/27 12:10時点 | 楽天市場調べ)

専攻分野(Deloitte in Japan)

業務直結の専攻が多い

このデータからは、デロイトで働く日本在住の従業員たちの多くが、ビジネス、経済、または法律関連の学部出身であることがわかります。

これはデロイトの主な業務範囲がビジネスコンサルティング、オーディット、税務、リスクアドバイザリー等であり、これらの専攻がデロイトの業務内容と直接関連しているためと考えられます。

トップは経済学専攻

経済学がトップであることは、経済原理と理論がデロイトの多くの業務、特にコンサルティングやリスクアドバイザリーで重要であることを示しています。

経済学の知識は、クライアントのビジネス環境を理解し、適切な戦略を提案するために重要です。

また、経営学、会計、ビジネス、ビジネスマネージメント等の専攻者が多いことは、デロイトが企業の運営や財務に関する専門知識を持つ人材を高く評価していることを示しています。

法律の専攻者が多いのは、企業が直面する可能性のある法的問題に対応するため、また税務サービスなどの業務において法的知識が必要とされるためでしょう。

政治学と国際研究の専攻者も多いのは、デロイトがグローバルな視野を持つ人材を評価し、また、ビジネス環境に影響を与える政治や国際関係の動向についての理解を重視していることを示している可能性があります。

コンピューターサイエンスの専攻者が多いのも重要で、デジタル化が進む中で、デロイトがテクノロジーに精通した人材を求め、デジタルトランスフォーメーションのプロジェクトやデータ分析などに彼らを活用している可能性を示唆しています。

全体として、このデータはデロイトが多様なバックグラウンドを持つ人材を採用し、ビジネス、法律、経済、政治、国際関係、そしてテクノロジーの各領域の専門知識を持つ人材を重視していることを示しています。

各大学出身者の専攻分野詳細と現在の職種

慶應義塾大学

IMAGE: 慶應義塾大学
専攻職業
1経済学コンサルティング
2ビジネス事業開発
3政治学起業家
4法律金融
5経営学研究
要約
  • 専攻
    経済学、ビジネス、政治学、法律、経営学など広範で応用性高い
  • 職業
    コンサルティングが多いが、事業開発、起業家、金融、研究職も存在
  • 特徴
    戦略的な問題解決、新ビジネス創造、企業成長推進、金融業務の専門性、深い研究能力

専攻分野

このデータからは、慶應義塾大学出身のデロイトの従業員たちは、経済学、ビジネス、政治学、法律、経営学などの専攻で、広範で応用性の高い学問を学んでいることがわかります。これらの専攻は、複雑なビジネス問題の解決に必要な分析力と批判的思考力を育むことで、デロイトのようなコンサルティング会社でのキャリアに有利であると言えます。

現在の職種

コンサルティング業務

また、現在の職種ランキングを見ると、コンサルティングが最も多いことから、慶應義塾大学出身者が持つ広範な知識と批判的思考力が、複雑なビジネス環境での戦略的な問題解決に役立てられていることがうかがえます。

事業開発業務

さらに、事業開発や起業家という職種もランキングに入っていることから、デロイトで働く慶應義塾大学出身者には、新たなビジネスチャンスを創造し、企業の成長を推進する能力を持つ人々も多いことが示されています。これは慶應義塾大学の教育が創造性と革新性を重視し、学生を事業開発や起業に向けて鍛え上げる可能性を示しています。

金融業務

金融職種がランキングに入っていることは、慶應義塾大学出身者が経済やビジネスの専門知識を活用して、金融に関連する業務に従事している可能性を示しています。また、デロイトが金融サービスの領域で強い存在感を持つことを反映しています。

最後に、研究職がランキングに含まれていることは、デロイトで働く慶應義塾大学出身者が、新たなビジネスの視点や解決策を見つけるための深い研究を行う能力を持っていることを示しています。これはデロイトのサービスがクライアントのビジネスに革新的な影響を与えるために、最新の知識と研究が必要であることを反映しています。

楽天ブックス
¥3,520 (2024/02/24 01:52時点 | 楽天市場調べ)

早稲田大学

IMAGE: 早稲田大学
専攻職業
1経済学コンサルティング
2政治学事業開発
3ビジネス起業家
4国際研究金融
5リベラルアーツIT
要約
  • 専攻
    経済学、政治学、ビジネス、国際研究、リベラルアーツなど多岐にわたる
  • 職業
    コンサルティングが中心で、事業開発、起業家、金融、ITも存在
  • 特徴
    グローバルビジネスへの対応、多角的な視点、デジタル変革の推進能力

専攻分野

このデータを見ると、早稲田大学出身でデロイトに勤務する従業員たちは、主に経済学、政治学、ビジネス、国際研究、リベラルアーツといった専攻を持っていることがわかります。

経済学を専攻

経済学が最も多く、これはデロイトの主要業務であるビジネスコンサルティングや金融サービスなどに直接関連しています。経済学は、ビジネスの原理とマクロ経済の理解を深めるための重要なフレームワークを提供します。

政治学、国際研究を専攻

政治学と国際研究を専攻している人々も多く、これはデロイトがグローバルなビジネス環境で成功するために必要な広範な視点を持つ人材を重視していることを示しています。政治の動きや国際関係は企業のビジネス戦略に大きな影響を与え、それらを理解する能力はデロイトでの業務にとって重要です。

リベラルアーツ

リベラルアーツ専攻がランキングに入っているのは注目で、リベラルアーツは幅広い学問領域をカバーし、批判的思考力、コミュニケーション能力、複雑な問題を解決するための多角的な視点など、デロイトでの業務にとって重要なスキルを育成します。

現在の職種

現在の職種について見てみると、コンサルティングが最も多く、これはデロイトの主要業務の一つであるため予想される結果です。

また、事業開発、起業家、金融という職種も見受けられ、これは早稲田大学出身の従業員が持つ経済学やビジネスの知識を活用し、企業の成長や金融の専門分野で活躍していることを示しています。

さらに、ITがランキングに入っているのは、デジタル化が急速に進む現代ビジネス環境において、テクノロジーに対する理解と利用が重要であることを反映しています。

デロイトはデジタル変革の専門家を必要としており、ITの知識を持つ従業員はデロイトの多くのプロジェクトで重要な役割を果たしている可能性があります。

まとめ

全体として、このデータは、早稲田大学出身のデロイトの従業員が幅広いバックグラウンドを持ち、それぞれが持つ専門知識やスキルを最大限に活用して多様な職種で活躍していることを示しています。

東京大学

IMAGE: 東京大学
専攻職業
1経済学コンサルティング
2経営学事業開発
3法律起業家
4工学研究
5国際研究金融
要約
  • 専攻
    経済学、経営学が中心で、法律、工学、国際研究も存在
  • 職業
    コンサルティングが主力、事業開発や研究職も重視
  • 特徴
    多角的な視点、法規制の理解、デジタル変革支援、グローバル対応能力

専攻分野

このデータからは、東京大学出身のデロイトの従業員たちは、経済学、経営学、法律、工学、国際研究といった広範で多様な学問を学んでいることがわかります。これらの専攻は、多角的な視点と批判的思考力を育て、複雑なビジネス課題の解決に役立つスキルを提供します。

経済学、経営学を専攻

経済学と経営学が専攻トップ2にランクインしているのは、デロイトの主要業務がビジネス戦略の設計と実行に関連しているためです。経済学と経営学の知識は、企業の運営、競争環境の分析、戦略的な意思決定に不可欠です。

法律を専攻

法律を専攻した従業員は、企業が直面する法的課題や規制に関する深い理解を持っていると推測できます。この知識は、ビジネスの法的側面を理解し、クライアントに適切なアドバイスを提供するのに有用です。

工学を専攻

また、工学を専攻した従業員は、デロイトのテクノロジーコンサルティングやデジタル変革プロジェクトで重要な役割を果たしていると考えられます。工学の知識は、新しい技術の導入やビジネスプロセスの改善を支援します。

国際研究を専攻

さらに、国際研究を専攻している従業員は、グローバルな視野を持ち、異文化間の理解や国際的なビジネス環境の理解を深める能力を持っていると思われます。これは、デロイトがグローバルなビジネス環境で対応するために重要なスキルです。

現在の職種

現在の職種を見ると、コンサルティングがトップで、これはデロイトの主要業務と一致しています。また、事業開発や起業家という職種も見受けられ、これは東京大学出身者が企業成長の推進力としての能力を持つことを示しています。

研究の職種がランキングに入っていることは、デロイトが新たな知識と解決策の開発に深く関与していることを示しています。これは特に、デロイトが競争力を維持するために最新の研究と知識を必要とする業界において、有利です。

まとめ

全体として、このデータは東京大学出身のデロイトの従業員が、幅広い学問のバックグラウンドを持ち、それを活用して企業の多様な課題を解決するために、多様な職種で活躍していることを示しています。

京都大学

IMAGE: 京都大学
専攻職業
1経済学コンサルティング
2経営学事業開発
3法律起業家
4国際研究IT
5電子工学研究
要約
  • 専攻
    経済学、経営学が中心、法律、国際研究、電子工学も強調
  • 職業
    コンサルティングが主体、事業開発、IT、研究の職種も重視
  • 特徴
    ビジネス戦略理解、法規制の遵守、デジタル変革支援、多岐に渡る専門性

専攻分野

データを見ると、京都大学出身でデロイトに勤務している人々は、経済学、経営学、法律、国際研究、そして電子工学という様々な専門分野で学んできたことが分かります。

経済学と経営学を専攻

経済学と経営学が最も多い専攻となっています。これはデロイトが提供するコンサルティングサービスが企業の成長と戦略に関連するため、経済やビジネスの知識を持つ人材が求められるからです。経済学や経営学の知識は、市場の動向を理解し、効果的なビジネス戦略を立てるために必要です。

法律、国際研究を専攻

法律の専攻者は、企業がビジネスを展開する際に必要となる法律知識を持つことで、法規制のアドバイスや合法性の確認などに貢献していると考えられます。

国際研究を専攻している人々は、ビジネス環境がますますグローバル化している現代において、異文化の理解や国際的な視野を持つことで、デロイトのクライアントにとっての価値を高める役割を果たしている可能性があります。

電子工学を専攻

特に注目すべきは電子工学の専攻者の存在です。これはテクノロジーコンサルティングやデジタル変革の支援に特化した人材が必要となる現代のビジネス環境を反映しています。電子工学の知識は新技術の導入や業務のデジタル化を支援し、企業の競争力を高めます。

現在の職種

現在の職種を見ると、コンサルティングが最も多いのはデロイトがビジネスコンサルティングを主要事業としているためで、京都大学出身者がこの分野で活躍していることがわかります。

また、事業開発、起業家、IT、研究という職種も存在し、これは京都大学出身者がそれぞれの専門知識を活用して、デロイトの業務を幅広く支えていることを示しています。

特にITと研究の職種が挙げられているのは、デジタル変革が求められる現代において、IT知識を持つ人材や新しい知識を創出する研究者が重要であることを示しています。

まとめ

全体的に、京都大学出身でデロイトに勤務している人々は、幅広い知識と専門性を持ち、それを活用して企業のさまざまな課題に対処していることがわかります。

楽天ブックス
¥2,420 (2024/02/27 02:17時点 | 楽天市場調べ)

上智大学

IMAGE: 上智大学
専攻職業
1経済学コンサルティング
2国際研究事業開発
3政治学研究
4国際研究会計
5電子工学エンジニアリング
要約
  • 専攻
    経済学が最も多く、国際研究、政治学、電子工学も存在
  • 職業
    コンサルティング中心、事業開発、研究、会計、エンジニアリングも
  • 特徴
    国際的ビジネス理解、テクノロジー対応、多様なビジネス成長支援

専攻分野

上智大学出身でデロイトに勤務している人々のデータを見ると、大学時代の専攻は経済学が最も多く、次いで国際研究、政治学、電子工学の順となっています。

経済学を専攻

経済学が最も多い理由は、デロイトが企業の成長と戦略に関連するコンサルティングサービスを提供しているため、経済の知識と理解を持つ人材が必要とされるからでしょう。

国際研究、政治学を専攻

国際研究と政治学を専攻していた人々が多いのは注目で、上智大学はその国際性で知られており、学生は多様な文化背景を持つ人々との交流を通じて広い視野と国際感覚を身につけます。

これらの能力は、クライアントが国際的なビジネス環境で成功するために必要とされ、デロイトが提供するサービスに大きな価値を付加します。

電子工学を専攻

また、電子工学を専攻していた人々の存在は、デロイトのサービスがテクノロジーの進歩とデジタル化に対応するための人材を必要としていることを示しています。電子工学の知識は、テクノロジーコンサルティングやIT関連のプロジェクトに活かされるでしょう。

現在の職種

現在の職種を見ると、コンサルティングが最も多く、その次に事業開発、研究、会計、エンジニアリングが続きます。コンサルティングが最も多いのはデロイトがビジネスコンサルティングを主要事業としているからです。

事業開発の職種が多いのは、新しいビジネスチャンスの探求や、クライアントのビジネス成長を支援する役割が求められているからでしょう。

研究者は新しい知識や情報を創出し、会計はデロイトの核となるサービスを提供します。また、エンジニアリングの職種が挙げられているのは、技術的な知識とスキルがデロイトのサービス提供に必要とされていることを示しています。

まとめ

全体として、上智大学出身でデロイトに勤務している人々は、その学問的なバックグラウンドと多様な職種を通じて、デロイトの幅広いサービス提供に貢献していると言えるでしょう。

免責事項

当サイトに掲載する情報の正確性について万全を期しておりますが、その内容の完全性、正確性、有用性、安全性等については、いかなる保証を行うものでもありません。また、当ウェブサイトの内容や情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、予告なく変更・改訂される場合や、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。
情報が不正確であったこと及び誤植があったことにより生じたいかなる損害に関しても、また、掲載情報に基づいて利用者が下した判断および起こした行動によりいかなる結果が発生した場合においても、その責を負いませんので予めご了承ください。

この記事をシェアする
目次