【Apple】就職率の高い日本の大学トップ10と専攻|GAFAMで働くためのヒント

目次

オンライン家庭教師EDUBAL
IB(国際バカロレア)対策コースも

オンラインで受講
教師は全員IB経験者
ほとんどのIB科目に対応

\ 詳細はこちらから /

Apple(アップル)とは

IMAGE: Apple

Apple Inc.(アップル)は、世界的に知られたアメリカのテクノロジー企業で、コンピュータ、スマートフォン、タブレット、ウェアラブルデバイスなどの革新的な製品を製造および販売しています。

その最も有名な製品には、Macパソコン、iPhone、iPad、Apple Watchなどがあります。また、オペレーティングシステム(macOS、iOS)、プロフェッショナル向けソフトウェア、家庭向けエンターテイメント製品、そしてiCloudのようなクラウドサービスも提供しています。

Appleは、その製品が一貫してユーザーフレンドリーで洗練されたデザインを持つことで広く認識されています。また、高度なセキュリティとプライバシー保護にも注力していて、ユーザーの個人情報を尊重する企業としての評価も高いです。

Appleは世界中で高い評価を得ていて、その製品やサービスは多くの人々の生活に不可欠なものとなっています。

Appleでのキャリアは多様であり、エンジニアリングからマーケティング、販売、運営まで、多岐にわたります。そして、Appleでは創造性、イノベーション、チームワークを重視し、多様性と包摂性を大切にしていると公言しています。

Appleで働く

IMAGE: appbank

Appleは、革新的な製品とサービスを提供することで世界を変え、人々の生活を改善することを目指していますので、Appleで働くということは、自分自身のアイデアや技術が何百万人もの人々の生活に直接的な影響を与える機会を手にするということになります。

Appleのチームは、ユーザーに最高の体験を提供するために、新たなアイデアを追求し、既存の制約を破ることを常に求められます。

また、各々の従業員が自分の専門性を最大限に活用できる環境が提供されていて、その専門性だけでなく、創造性や独自の視点も大切にされています。これにより、どのポジションにいても、各々の従業員が自分の視点とアイデアを共有し、チームの一員として製品やサービスの開発に直接貢献することが可能です。

多様性と包摂性を重視しているAppleは、世界中の様々な背景、経験、スキルを持つ人々で構成されていて、それぞれが自分自身であることを尊重され、その多様性がチーム全体の強みとなっています。

Appleでは、そのような多様性が新たな視点をもたらし、より良い製品やサービスを生み出す源泉であると信じています。

さらに、従業員の健康と福祉を重視し、ワークライフバランスを保つためのサポート、健康とウェルネスのプログラム、教育のための資源、キャリアの進展を支援するためのツールなど、従業員が最高のパフォーマンスを発揮できるよう支援しています。

今回の記事では、日本在住でAppleで働く人たちの出身大学と現在の職種のデータを、Linkedinから取りまとめました。これからの進学先やキャリアパスを決める上での参考になると嬉しいです。

出身大学ランキング (Apple in Japan)

出身大学

  1. 慶應義塾大学
  2. 早稲田大学
  3. 東京大学
  4. 上智大学
  5. 同志社大学
  6. 京都大学
  7. 立命館アジア太平洋大学
  8. 立命館大学
  9. 法政大学
  10. 大阪大学

Appleで働いている日本在住の人々の出身大学を見てみると、日本でも最も有名で高い学術的評価を持つ3校、慶應義塾大学、早稲田大学、東京大学が並んでいます。

このことから、Appleが技術的な知識や専門的なスキルを持つ人材を求めていて、それらを持つ人々が高度な教育を受けた大学から多く集まっていると推測できます。

また、上位ランクには私立大学が多いことも注目されます。これは、私立大学が特定の専門分野に焦点を当てた教育を提供していること、あるいは卒業生が職業生活での成功に向けて幅広いスキルと能力を獲得できる機会を提供していることを示しているかもしれません。

さらに、上位にランクインしている大学の中には、京都大学や大阪大学のような関西地方の大学も見受けられます。これは、Appleが全国各地から優秀な人材を採用していることを示しています。

立命館アジア太平洋大学がランクインしている点も注目すべきで、この大学は国際的な教育を提供していて、多様な文化背景を持つ学生が学んでいます。

その存在が示すように、Appleは多様性と国際的な視野を持つ人材を評価し、そのような背景を持つ人々を採用することで、グローバルなビジネス展開に対応していると推測できます。

これらの結果から、Appleが技術的な専門性と国際的な視野を持つ人材を重視し、それらを持つ人々が多様な大学背景から集まっていると考察できます。

専攻分野 (Apple in Japan)

次に、彼らが大学時代に学んでいた専攻を見てみると、トップ10は以下のようになりました。

このデータをみると、上位には「コンピューターサイエンス」「計算科学」「電子工学」「情報技術」などの、Appleの製品開発やサービス提供において必要とされる知識やスキルを養うための技術的な専攻がランクインしています。

これらの専攻を持つ人々が多くを占めていることから、Appleはその製品の技術的な面を理解し、進化させる能力を持つ人材を高く評価していると考えられます。

次に、「経済学」「経営学」「ビジネス」「マーケティング」などの専攻もランクインしています。これらの専攻は、ビジネス戦略の形成、製品の価格設定、市場分析、プロモーション戦略など、企業の成功に欠かせない要素を理解するためのものです。

これらの専攻を持つ人材がAppleで活躍していることから、Appleは技術だけでなくビジネス戦略の面でも優れた能力を持つ人材を重視していると考察できます。

さらに、「日本語・日本語文学」と「国際研究」の専攻が含まれている点も注目すべきで、これらの専攻は、異なる文化背景や視点を理解し、それを活用する能力を育むもので、多様性とグローバルな視野を重視するAppleの企業文化を反映していると言えます。

まとめると、Appleで働く人々は、技術的な知識、ビジネス戦略、そして多様性という3つの重要な要素をバランス良く持ち合わせていると考えられます。

これは、Appleがその製品開発とビジネス戦略の両方で成功を収めるために、これらの要素を兼ね備えた多様な人材を求めていることを示しています。

各大学ごとの専攻と現在の職種

日本在住のAppleに在籍する人々のデータが多くはないので今回は1位の慶應義塾大学と、2位の早稲田大学のみ考察をしていきます。

慶應義塾大学

IMAGE: 慶應義塾大学
専攻職種
1経済学運営
2コンピューターサイエンス販売
3公共政策分析IT
4計算科学エンジニアリング
5環境学プログラム

\ 最新の入試情報をチェックする /

大学時代の専攻ランキングに目を向けると、慶應義塾大学出身でAppleで働いている日本在住の人たちは、専攻として主に経済学、コンピューターサイエンス、公共政策分析、計算科学、環境学を選んでいたことがわかります。

このうち経済学が最も多く、これはAppleにおける様々なビジネスの運営や戦略の立案、財務分析に必要な知識を有していることを示しています。

また、コンピューターサイエンスと計算科学がランキングに入っていることから、Appleで働いているこれらの卒業生たちはテクノロジーやソフトウェア開発に関連するスキルを持っている可能性が高いと言えます。

公共政策分析や環境学の存在は、Appleの製品やサービスが公共の利益を考慮し、持続可能性や環境配慮に焦点を当てていることを示している可能性があります。

IT、エンジニアリング、プログラムの役割も多いことから、Appleの業務におけるテクニカルな役割の重要性が反映されています。

まとめると、特に、経済学が最も多くの学生を輩出している一方で、運営と販売が最も多い職種であることは、経済学の教育がこれらの職種にとって特に有用であることを示唆しています。

また、IT、エンジニアリング、プログラムの職種が多いことは、コンピューターサイエンスや計算科学の背景を持つ卒業生が、これらの技術的な役割を果たしている可能性を示しています。

早稲田大学

IMAGE: 早稲田大学
専攻職種
1コンピューターサイエンスエンジニアリング
2国際研究IT
3計算科学販売
4経済学運営
5リベラルアーツマーケティング

\ 最新の入試情報をチェックする /

大学時代の専攻ランキングを見ると、コンピューターサイエンスが最も多く、次に国際研究、計算科学、経済学、リベラルアーツが続いています。この専攻の傾向からは、テクノロジーと計算に関する強い基盤を持つ一方で、国際的な視野や広範な知識を持つ学生が多いことがわかります。

コンピューターサイエンスと計算科学が多いことは、早稲田大学出身のApple社員が、技術的なスキルと知識を強く持っていることを示唆しています。これは、Appleの製品開発やIT関連の業務に対する大きな貢献を物語っています。

一方、国際研究やリベラルアーツがランキングに入っていることは、これらの卒業生が広範で多角的な視点を持ち、異なる文化や思考の理解を通じて企業の国際的なビジネスに貢献している可能性を示します。

次に現在の職種についてですが、エンジニアリングが最も多く、次にIT、販売、運営、マーケティングが続いています。これは、早稲田大学出身のApple社員が主に技術的な職種についていることを示しています。

特に、専攻ランキングのトップがコンピューターサイエンスであり、現在の職種でもエンジニアリングとITが上位に来ていることから、技術的な役割が重視されていることが明確に見て取れます。

しかし、販売や運営、マーケティングも一定数存在していて、これは企業のさまざまな側面での業務遂行が求められていることを示しています。特に、マーケティングがランキングに入っていることは、製品のプロモーションやブランド戦略に関わる役割も重要であることを示しています。

まとめると、早稲田大学出身でAppleに在籍する日本在住の人々は、強い技術的背景を持ちつつも、広範で多角的な視点を持つことで、企業のさまざまな部門に対して貢献していると考えられます。

楽天ブックス
¥3,520 (2024/02/24 01:52時点 | 楽天市場調べ)

免責事項

当サイトに掲載する情報の正確性について万全を期しておりますが、その内容の完全性、正確性、有用性、安全性等については、いかなる保証を行うものでもありません。また、当ウェブサイトの内容や情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、予告なく変更・改訂される場合や、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。
情報が不正確であったこと及び誤植があったことにより生じたいかなる損害に関しても、また、掲載情報に基づいて利用者が下した判断および起こした行動によりいかなる結果が発生した場合においても、その責を負いませんので予めご了承ください。

この記事をシェアする
目次