【2024年】オーストラリアの最高峰大学8選!正規留学するための入学要件など徹底解説(Group of Eight)

目次

選ばれる留学エージェント

手数料0円・直接よりも安くなる場合も◎
\ 累計15,000人以上をサポート /


無料カウンセリングで確かめられる
圧倒的な実績と信用     
海外大学へ推薦枠で入学可能 
ポイント還元最大18万円 
  

カリフォルニア大学に進学する
日本人の10人に1人が留学情報館を利用!!

無料資料請求・無料カウンセリングから

オーストラリアの大学

オーストラリアの大学は、世界的に高い評価を受けていて、世界大学ランキングにおいても常に上位にランクインする大学が多数あります

これは、オーストラリアの大学が高い教育水準を維持していることや、世界各国から優秀な研究者を招聘し、国際的な研究プロジェクトに取り組んでいることなどが要因としてあります。

オーストラリアには43の大学がありますが、そのうち国公立大学が39校、私立大学が4校となっています。

また、オーストラリアは多文化社会で、多くの留学生が入学するため、教育環境が国際的な視野に基づいて設計されていることも大きな特徴となっています。

オーストラリア大学のメリット

教育水準が高い
どの大学も高い教育水準レベル
学士課程は3年で卒業
留学生がとても多い

教育水準が高い

オーストラリアには、公式に認められた43の大学があり、そのうち世界大学ランキングの100位以内に入る学校が7校もあります。これは、アメリカ、イギリスに次ぐランクイン数となります。

日本は約780の大学があり、「QS World University Rankings 2023」では、東京大学、京都大学、東京工業大学、大阪大学、東北大学の5校がTOP100位にランクインとなっていました。

この数字からも分かるように、オーストラリアは非常に教育水準が高いという事が分かります。

QS 2023 100位以内
[オーストラリア]43校中7校
[日本]780校中5校

どの大学も高い教育水準レベル

オーストラリア政府は、高等教育に対して積極的な支援を行っていて、大学は最新の設備やプログラムを提供することができ、教育水準が一定に高くなるようにされています

大学のレベルを測る評価指標として偏差値がありますが、偏差値は日本の大学入試において利用される評価指標であり、日本国内でのみ使用される概念です。

そのため、一般的にオーストラリアの大学には偏差値という評価基準はありません。

一部の大学では入学にあたって適性試験などを実施している場合がありますが、それでも偏差値と同様の評価指標として用いられることはなく、入学資格を満たし、英語力などが一定水準以上であることが基本的な入学要件となります。

入学要件を満たしていれば大学に入学できる

学士課程は3年で卒業

オーストラリアの大学は基本的にイギリスを初め、ヨーロッパなどで広く採用されている3年制が導入されています。

日本や北米の大学と比べて1年短くなっていますが、一般教養は学ばず、大学1年生から専門的な知識や技術を学び始めることで、日本の大卒と同じ学位を取得することが可能です。

この3年制度により、学生は専門分野に集中して学ぶことができるため、より高度な知識や技術を短期間で身につけることができます。

学生は必要な科目を効率的に履修し、卒業までに必要な単位数を取得します。

また、学生が大学で過ごす年数が短くなるため、卒業までの学費や生活費を節約できるメリットがあります

学士課程は3年。
学費と生活費の節約にもなる

留学生がとても多い

オーストラリアは移民国家として発展を遂げてきている事でも有名で、過去数十年に渡って多くの人々が移住し、様々な民族が共存し文化の交流が行われています。

それらも影響してか、オーストラリアの大学における留学生の割合は、大学によって異なりますが、全国平均では約26%と非常に高くなっています。

留学生の数が多いことで、学校のサポート体制も整っていたり、同じ留学生という仲間が多いことで心の支えにもなってくれますし、切磋琢磨して成長も出来ることと思います。

選ばれる留学エージェント

手数料0円・直接よりも安くなる場合も◎
\ 累計15,000人以上をサポート /


無料カウンセリングで確かめられる
圧倒的な実績と信用     
海外大学へ推薦枠で入学可能 
ポイント還元最大18万円 
  

カリフォルニア大学に進学する
日本人の10人に1人が留学情報館を利用!!

無料資料請求・無料カウンセリングから

オーストラリア8大学

オーストラリア8大学(Group of Eight)は、オーストラリア国内において最も優れた8つの大学のことを指し、これらの大学はオーストラリアを代表する高等教育機関であり、世界的な大学ランキングでも常に上位に位置する名門校です。

  • オーストラリア国立大学
  • メルボルン大学
  • シドニー大学
  • ニューサウスウェールズ大学
  • クイーンズランド大学
  • モナシュ大学
  • アデレード大学
  • 西オーストラリア大学

各校のランキング

オーストラリアの大学の評価には、主にTimes Higher Education (THE)、QS World University Rankings、Academic Ranking of World Universities (ARWU)の3つの主要な世界大学ランキングがあります。

それぞれの大学のランキングを表にすると以下のようになります。

THE 2023QS 2023ARWU 2022
オーストラリア国立大学
(ANU)
62位30位79位
メルボルン大学
(UOM)
34位33位32位
シドニー大学
(UWS)
54位41位60位
ニューサウスウェールズ大学
(UNSW Sydney)
71位45位64位
クイーンズランド大学
(UQ)
53位50位47位
モナッシュ大学44位57位75位
西オーストラリア大学
(UWA)
131位90位99位
アデレート大学88位109位101-150位

オーストラリア国立大学(ANU)

IMAGE: ANU
設立1946年
キャンパスキャンベラ
学生数約17,000人
留学生数約6,000人
留学生比率約35%
ホームページhttps://www.anu.edu.au/

オーストラリア国立大学(ANU)は、オーストラリア国内でも最高峰の総合大学の1つであり、世界中から多数の学生が集まっています。

ANUのキャンパスは、オーストラリアの首都キャンベラ市内に位置していて、人口都市ではありますが、美しい自然に囲まれた環境で学ぶことができます。国立博物館や国立美術館などの文化施設も隣接しているような場所です。

オーストラリアの大学としては唯一、イギリスのケンブリッジ大学やオックスフォード大学、アメリカのイェール大学やUCLA、アジアからは東京大学やシンガポール大学、北京大学など、世界トップレベルの研究大学11校で組織されたIARUのメンバーでもあります。

ANUの入学基準は非常に高く、また入学試験の受験者数も多く、入学競争率はとても高いため、入学するには高い能力が必要となっています。

メルボルン大学(UOM)

IMAGE: UOM
設立1853年
キャンパスメルボルン
学生数約48,000人
留学生数約22,500人
留学生比率約47%
ホームページhttps://www.unimelb.edu.au/

メルボルン大学は、オーストラリアのビクトリア州メルボルンにあるオーストラリアで最初の大学で最も権威のある総合大学の1つで、豊かな教育環境や多様な研究分野での優れた研究により、世界的に高い評価を受けています。

留学生の比率からも分かるように、メルボルン大学は多くの留学生を受け入れていて、留学生が多数在籍しています。そのため、学内には様々な国籍や文化が混在し、多様性があふれた環境になっていて、また、留学生同士の交流も盛んに行われています。

オーストラリアで最も人気のある都市メルボルンにある同大学は、交通の便が良く、文化的にも豊かな環境で、学生生活を満喫することができるのも魅力です。

シドニー大学(UWS)

IMAGE: UWS
設立1850年
キャンパスシドニー
学生数約57,000人
留学生数約35,000人
留学生比率約61%
ホームページhttps://www.sydney.edu.au/

シドニー大学は、1850年に創立されたオーストラリアで最も古い大学の一つで、世界大学ランキングでは常に上位にランクインしており、国際的な名声を誇っている大学となります。

シドニー大学には、世界各国からの留学生が多く在籍していて、異なる文化や背景を持つ学生たちとの交流ができるため、留学生にとって非常に多様性のある充実した環境となっています。

大学のロケーションもシドニーの中心部に位置し、ハーバーブリッジやオペラハウスなどのシドニーのアイコン的な観光スポットに近いため、留学生にとって観光やレジャーも充実した環境となっています。

ニューサウスウェールズ大学(UNSW Sydney)

IMAGE: UNSW
設立1949年
キャンパスシドニー
学生数約38,000人
留学生数約18,000人
留学生比率約47%
ホームページhttps://www.unsw.edu.au/

ニューサウスウェールズ大学(UNSW)は、オーストラリアで最も歴史のある大学の一つで、創立以来150年以上の歴史を誇り、世界中から優秀な研究者や教員を集め、高品質な研究を展開しています。

特に工学・技術、ビジネス、医学分野で高い評価を得ていて、教員陣には、ノーベル賞受賞者やフィールズ賞受賞者など、世界的に有名な研究者も多数在籍しています。

ニューサウスウェールズ大学も、オーストラリアの最も人口の多い都市シドニーに位置していて、美しい海や景観が魅力的な地域にキャンパスを構えています。

選ばれる留学エージェント

手数料0円・直接よりも安くなる場合も◎
\ 累計15,000人以上をサポート /


無料カウンセリングで確かめられる
圧倒的な実績と信用     
海外大学へ推薦枠で入学可能 
ポイント還元最大18万円 
  

カリフォルニア大学に進学する
日本人の10人に1人が留学情報館を利用!!

無料資料請求・無料カウンセリングから

クイーンズランド大学(UQ)

IMAGE: UQ
設立1909年
キャンパスクイーンズランド
学生数約43,000人
留学生数約23,000人
留学生比率約53%
ホームページhttps://www.uq.edu.au/

クイーンズランド大学は、クイーンズランド州で最も古い大学で、世界で最も高い評価を受ける研究機関で有名なオーストラリアの大学の一つです。

ブリスベンを中心とする複数のキャンパスがあり、キャンパスは国際色豊かな学生たちで賑わっていて、また、留学生が受けるサポートやプログラムも充実しています。

学生の学習や成長を促すために、キャンパス内には学習スペースやラボ、コワーキングスペースなどの教育環境が整備されていて、学生が自由に利用することができます。

モナッシュ大学

IMAGE: monsh university
設立1958年
キャンパスメルボルン
学生数約56,500人
留学生数約31,000人
留学生比率約55%
ホームページhttps://www.monash.edu/

モナッシュ大学は、オーストラリアのメルボルンに本部を構える、国際的に認められた総合大学で、創立から現在まで、世界的にも高い評価を受け、学生たちに広く認知されています。

また、オーストラリア国内だけでなく、マレーシア、南アフリカにもキャンパスを持っていて、留学生も非常に多く、世界各国から多様なバックグラウンドを持った学生が集まってきています。

教員陣にも多くの国際的な研究者が在籍していて、世界中から優秀な人材を集めることに成功している大学です。

オーストラリアの大学が行っている研究成果のうち72%を占めるほど活発な研究活動が行われていることでも知られています。

西オーストラリア大学(UWA)

IMAGE: UWA
設立1911年
キャンパスパース
学生数約18,500人
留学生数約9,000人
留学生比率約49%
ホームページhttps://www.uwa.edu.au/

オーストラリア西部の州都パースに位置し、1911年に設立された州内最古の大学のひとつで、広大な敷地に美しい庭園や建物が建ち並び、環境にも配慮した近代的な設備が整っています。

グローバルに認められた高い教育水準や、先進的な研究開発、社会貢献活動などで知られていて、研究集約型の大学として、科学、農学、エンジニアリングなどの分野に定評があり、国際的な活動も積極的に行っています。

アデレート大学

IMAGE: adelaide
設立1874年
キャンパスアデレード
学生数約23,000人
留学生数約11,000人
留学生比率約48%
ホームページhttps://www.adelaide.edu.au/

アデレート大学は、1874年に設立された南オーストラリア州アデレードにある大学で、オーストラリアの大学としては3番目に歴史が古く、優れた研究とその教育方法は高く評価されています。

研究力にも定評があり、年間研究助成金の獲得額では、オーストラリア国内トップレベルを誇っています。

緑豊かで美しいキャンパスを持ち、学生が快適に過ごせるように設備が整っているのも魅力的です。大学は学生をサポートするプログラムを充実させていて、キャリアサポートや健康支援、留学生向けのサービスも充実しています

オーストラリア大学への進学

直接大学に進学

日本の高校卒業資格では、一部直接進学できる大学もありますが、基本的にはオーストラリアの大学へ直接進学することが出来ません。

ただ、国際バカロレア(IB)のDiplomaを持ち、志望大学の学部が定めているIBスコアをクリアしている場合は、直接大学へ入学することが出来ます。

ビジネス人文・社会学コンピューター
オーストラリア国立大学292931
メルボルン大学353131
シドニー大学3629-3333-36
ニューサウスウェールズ大3326-3331-33
クイーンズランド大学28-312432
モナシュ大学292828
アデレード大学262525-29
西オーストラリア大学25-272533

また、オーストラリア国立大学2022年の全学科の最低出願要件一覧は以下のように発表されています。各大学から最新のものを確認するようにして下さい。

https://www.anu.edu.au/files/resource/2022-international-academic-entry-requirements.pdf

日本人の学生がオーストラリアの大学に留学生として入学する場合、英語またはフランス語の語学試験の証明書を提出する必要があります。最低でも全ての項目で6.0のスコアを取得し、さらにIELTS 6.5以上のスコアを提出する必要があります。

IB指導実績国内No.1

\ 教師は全員IB経験者の現役大学生 /

受講生の口コミ

スクロールできます

教え方が上手くとても分かりやすいです。学校から急な課題を出された際も親身に対応をしてくれます。

指導のためのノートがとてもわかりやすく見やすいです。図式化して教えてくれるので理解しやすい。

日本語で授業させていただいてますが、説明が分かりやすく質問にも丁寧に答えてくれています。

どんな問題も、また進路の相談でも、なんでも即答していただけるので頼りになります。

保護者の口コミ

スクロールできます

子供の考えを丁寧に聞いてくださるため、モチベーションが自然と上がっていきます。

子供の考えを丁寧に聞いてくださるため、モチベーションが自然と上がっていきます。

先生の指導のお陰で、IAを終了することが出来ました。娘が大変お世話になりました。

一緒に問題に取り組みながら、子供に寄り添った授業をしていただいています。

※上記はEDUBAL公式サイトより一部引用

\ 初回の体験授業料無料 /
本当に自分に合ったサービスか確認できる

ファウンデーション経由で進学

  • 日本の高校卒業資格では、大学が直接入学を認められていない
  • 大学入学条件を満たす資格がない
  • 英語力が基準に満たない

ファウンデーションコースとは、オーストラリアの大学で開講されている準備コースのことで、大学進学に必要な学力を身につけることができます。日本の高校卒業生にとって最も一般的な入学方法となります。

ファウンデーションコースの期間は約1年間で、大学での授業についていくために、論理的思考力やスタディスキル、数学などの必須科目や、希望専攻分野での基礎科目を学ぶことができます。

入学に必要な成績を取ることが出来れば、大学の一年次に入学することが出来ます。

ディプロマ経由で進学

ディプロマプログラムは、専門学校やTAFE(Technical and Further Education)などで提供されるプログラムで、ディプロマプログラムを修了することで、大学に編入することができます。

ファウンデーションは、高校3年生レベルを中心にしたカリキュラム内容ですが、ディプロマは大学1年生の学習内容に合わせたカリキュラムになっています。そのため、ディプロマを所定の成績で修了すると、大学2年次に編入することができます。

ディプロマコースを修了して大学に編入学すれば、大学に直接入学した場合と同じ期間で卒業することができるので、卒業までの費用を抑えることが出来るメリットがあります。

ただ、全ての大学や学部でディプロマからの編入ルートがあるわけではないので注意が必要です。

選ばれる留学エージェント

手数料0円・直接よりも安くなる場合も◎
\ 累計15,000人以上をサポート /


無料カウンセリングで確かめられる
圧倒的な実績と信用     
海外大学へ推薦枠で入学可能 
ポイント還元最大18万円 
  

カリフォルニア大学に進学する
日本人の10人に1人が留学情報館を利用!!

無料資料請求・無料カウンセリングから

免責事項
当サイトに掲載する情報の正確性について万全を期しておりますが、その内容の完全性、正確性、有用性、安全性等については、いかなる保証を行うものでもありません。また、当サイトの内容や情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、予告なく変更・改訂される場合や、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。
情報が不正確であったこと及び誤植があったことにより生じたいかなる損害に関しても、また、掲載情報に基づいて利用者が下した判断および起こした行動によりいかなる結果が発生した場合においても、その責を負いませんので予めご了承ください。
当サイトの一部のコンテンツ作成にはAI技術を活用しています。最新の技術を活用して、皆様により価値のある情報を提供することを目指しています。

記事内容に誤りがありましたら
以下のフォームよりお知らせください。

    この記事をシェアする
    目次