国際バカロレア生徒がChatGPT(AI)を120%活用する方法と注意点

目次

ChatGPTのとは?

ChatGPTは、OpenAIが2022年の11月に公開した、まるで人間のようにAIと自然な対話が可能なチャットサービスです。

回答の自然さや精度が高いことが話題となり、リリース後わずか5日間でユーザー数100万人、2ヵ月でユーザー数1億人を突破し、世界中から注目を集めている革新的なサービスです。

日本でも大人気のSNSがユーザー数1億人を突破するのにかかった日数を見ると、ChatGPTの注目度の高さが伺えます。

ChatGPTはどれくらい賢い?

2023年5月には、アメリカとドイツの研究者らが、アメリカの会計関連の主な資格である公認会計士(CPA)、公認管理会計士(CMA)、公認内部監査人(CIA)、EA(税理士)の試験をChatGPTに解かせてみるという調査を行った結果、ChatGPTは平均スコア85.1%と好成績を上げて全てに合格をしていたそうです。

他にも、アメリカの司法試験を受けさせた結果、ChatGPT-4は受験者の上位10%に入る成績を出したということや、日本の大学入学共通テストを受けさせた方もおられ、英語や倫理,政治・経済などでは80%を超える得点率だったようです。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

国際バカロレア(IB)でChatGPTは利用可能?

このようなChatGPTですが、国際バカロレア(IB)は、ChatGPTなどのAIツールの利用を認めています。

AIツールの進化は、教育、学習、評価の方法に大きな影響を及ぼす可能性があります。その為、たな技術としてこれを受け入れ、教育を適応させ、学生がこれらの新しいAIツールを倫理的かつ効果的に使用できるようにする必要がある。

ということで、国際バカロレアではAIの進化を恐れずに受け入れています。

Latest developments in artificial intelligence (AI) software, such as ChatGPT, that can write sophisticated essay responses have generated a great deal of interest and discussion. The IB will not ban the use of AI software. The simplest reason is that it is an ineffective way to deal with innovation. However, the use of AI tools should be in line with the IB’s academic integrity policy. We expect all our schools to discuss the various types of academic misconduct with their students.

引用:国際バカロレア機構

上記は、国際バカロレア機構のホームページ内で2023年6月6日に更新された記事のタイトルです。日本語に翻訳すると以下のようになります。

ChatGPTに代表される、高度なエッセイの回答を書くことができる人工知能(AI)ソフトの最新動向は、大きな関心と議論を呼んでいる。IBはAIソフトの使用を禁止するつもりはありません。最も単純な理由は、イノベーションに対処するための非効率的な方法だからです。しかし、AIツールの使用は、IBのアカデミック・インテグリティ・ポリシーに沿ったものであるべきです。私たちは、すべての学校が、さまざまな種類の学業不正行為について、生徒と話し合うことを期待しています。

このようにAIツールを使用すること自体は、国際バカロレアは認めていますが、AIによって生成された作品を生徒自身の作品として提出することは認められていません。自分のものとして提示することは学術的な不正行為となるため注意が必要です。

国際バカロレア機構のページには以下のような記載があります。

Students should be aware that the IB does not regard any work produced—even only in part—by such tools, to be their own. Therefore, as with any quote or material from another source, it must be clear that AI-generated text, image or graph included in a piece of work, has been copied from such software. The software must be credited in the body of the text and appropriately referenced in the bibliography. As with current practice, an essay which is predominantly quotes will not get many, if any, marks with an IB mark scheme.

引用:国際バカロレア機構

IBは、このようなツールで作成された作品を、たとえ一部であっても、自分自身の作品とは見なさないことを、学生は知っておく必要があります。したがって、他のソースからの引用や資料と同様に、作品に含まれるAIが生成したテキスト、画像、グラフがこれらのソフトウェアからコピーされたものであることを明確にする必要があります。また、本文中にそのソフトウェアのクレジットを記載し、参考文献に適切に言及する必要があります。現在の慣行と同様に、引用が主体となっているエッセイは、IBマークスキームでは多くの点数を得ることはできません。

上記の通り、学生たちは、自分たちの学習と発展の一部としてChatGPTなどのAIツールを利用することが許可されていますが、それが自分の作品とは認識しないことが重要です。

AIを学習に活用する

OpenAIが開発したChatGPTは、大量のテキストデータから学習し、自然言語の質問に対して文脈に適した答えを生成することができます。その生成能力は非常に高度で、人間が生成したテキストと見分けがつかないほどです

そのため、情報の検索、アイデアの生成、あるいは初稿の作成といったタスクを助けることができます。教育の場では学生が持つ疑問に対する答えを提供し、また教材の生成などにも活用される可能性があります。

ここからは、ChatGPTなどのAIを英語学習に利用する方法について詳しく解説していきます。他の教科にも活かす事が出来る内容なので、ぜひ活用してみてください。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

英単語学習

Twitterで長瀬正志さんという方が出されていた方法を活用することで、馴染みのない単語との距離を縮め、記憶に定着させやすくなります。

プロンプト

“覚えたい単語を入力”
上記単語を使って英語でショートストーリー「〇〇〇〇〇〇」を作成してください。
使用した上記単語は太字にしてください。
最後に日本語への翻訳文章も掲載をお願いします。

プロンプト例としては以下のような感じです。

improve, relate, provide, consider, include,
上記単語を使って英語でショートストーリー「学校での生活」を作成してください。 使用した上記単語は太字にしてください。 最後に日本語への翻訳文章も掲載をお願いします。

単語を最上段にカンマで区切り入力。ショートストーリーのお題は、自分に身近なものの方が分かりやすいと思います。

上記プロンプトを入力した回答は以下でした。

英文添削

ChatGPTを活用して英文を添削してもらうことが出来ます。ただ指示の出し方によってパフォーマンスが大きく変わってきますので、ここではnoteのCXOである深津貴之さんが作成された指示方法「深津式汎用プロンプト」を活用します。

プロンプト(英語)

#Instructions :
You are an American professional English teacher.
Please output your best correction based on the following constraints and input sentences.

#Constraints:

  • The number of characters is about 200.
  • The text should be easy to understand for a TOEIC score of 500.
  • Keep sentences concise.
  • Correct any grammatical errors or more appropriate expressions.
  • Give the reason for the correction.

#Input:
ここに添削して欲しい文章を記載する。

#output:

深津さん曰く、日本語で質問をするよりも、英語で質問をした方が、より精度の高い回答を返してくれるようなので、英語で質問をし回答を得てから、日本語に翻訳をしてもらった方が良いです。

プロンプト(日本語)

#命令書:
あなたは、アメリカ人のプロの英語講師です。
以下の制約条件と入力文をもとに、 最高の添削を出力してください。

#制約条件:
・文字数は200文字程度。
・TOEIC 500点にも分かりやすく。
・文章を簡潔に。
・文法間違い、より適切な表現があれば訂正する。
・訂正した理由を述べる。

#入力文:
ここに添削して欲しい文章を記載する。

#出力文:

ChatGPTは、全く同じ内容を入力しても、毎回同じ回答をしてくれるわけではないので、ここで答えを掲載することが出来ませんが、「Reasoning for corrections」として訂正の理由もしっかりと書いてくれる時があります。

例えば、過去の文章なのに現在形の「go」を使っていた場合、以下のように理由を述べてくれます。

“I go” should be changed to “I went” to maintain the correct past tense.

英会話学習に利用する

何も指示を与えずとも、英会話チャットをすることが出来るChatGPTですが、文法間違いや表現に間違いがあれば訂正してくれるように、指示(プロンプト)を出す方が学習に活かせます。

プロンプト(英語)

#Instructions :
You are an American professional English teacher.
Please chat with me under the following constraints.

#Constraints:

  • I am a beginner in English.
  • You can choose the topic for our conversation.
  • We will take turns writing one sentence at a time.
  • If you notice any grammatical errors in my sentences, please correct them and explain why you made the correction.

プロンプト(日本語)

#命令書:
あなたは、アメリカ人のプロの英語講師です。
以下の制約条件をもとに、 私とチャットしてください。

#制約条件:
・私は英語初級者である。
・トピックはあなたが決める。
・一文ずつ会話をする。
・文法間違い、より適切な表現があれば訂正し、その理由を述べる。

まとめ

国際バカロレア機構は、ChatGPTに代表される高度な人工知能(AI)ソフトの使用を禁止していません。しかし、IBの学生はAIツールによって作成された作品を、たとえ部分的であっても、自分のものとはみなしてはいけません。

他の情報源からの引用や素材と同様に、作品に含まれるAIによって生成されたテキスト、画像、またはグラフがそのようなソフトウェアからコピーされたものであることを明確にする必要があります。

これから使い方も幅が広がってくるとは思いますが、適切な方式で学習に利用するようにして、効率良く学習を進めていきましょう。

免責事項
当サイトに掲載する情報の正確性について万全を期しておりますが、その内容の完全性、正確性、有用性、安全性等については、いかなる保証を行うものでもありません。また、当サイトの内容や情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、予告なく変更・改訂される場合や、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。
情報が不正確であったこと及び誤植があったことにより生じたいかなる損害に関しても、また、掲載情報に基づいて利用者が下した判断および起こした行動によりいかなる結果が発生した場合においても、その責を負いませんので予めご了承ください。
当サイトの一部のコンテンツ作成にはAI技術を活用しています。最新の技術を活用して、皆様により価値のある情報を提供することを目指しています。

記事内容に誤りがありましたら
以下のフォームよりお知らせください。

    この記事をシェアする
    目次