東京学芸大学附属国際中等教育学校|ハーバード大学、現役東京大学合格者も輩出しているグローバルな国立学校

目次

オンライン家庭教師EDUBAL
IB(国際バカロレア)対策コースも

オンラインで受講
教師は全員IB経験者
ほとんどのIB科目に対応

\ 詳細はこちらから /

東京学芸大学附属国際中等教育学校の詳細

基本データ

学校名東京学芸大学附属国際中等教育学校
区分国立
所在地〒178-0063
東京都練馬区東大泉五丁目22番1号
電話番号03-5905-1326
ホームページ東京学芸大学附属国際中等教育学校

国立大学法人東京学芸大学の設置する男女共学の中等教育学校で、前身校は海外帰国生徒教育研究・実践のパイオニア校であったことを受け継ぎ、現在も生徒全体の約40%が帰国生徒または外国籍の生徒で構成されている東京学芸大学附属国際中等教育学校。

同校では、そのような生徒の特性を生かして、特色ある外国語教育ならびに国際理解教育を積極的に進められていて、2010年度からは国際バカロレアMYPを導入、2014年からはスーパーサイエンスハイスクール(SSH)、2015年度からはスーパーグローバルハイスクール(SGH)に指定され、2016年度からは国際バカロレアDPを導入開始しています。

在籍生徒数

学年合計
1学年3174105
2学年3576111
3学年3686122
4学年5274126
5学年4476120
6学年4673119
2022年4月6日現在
出典:東京学芸大学附属国際中等教育学校

東京学芸大学附属国際中等教育学校への入学

1年生から4年生(中学1年生から高校1年生)までは、全員が国際バカロレアのMYP課程を履修します。5年生から6年生(高校2年生と高校3年生)は、15人程度が国際バカロレアDPの取得を目指してDPカリキュラムを履修することになります。

あわせて読みたい
国際バカロレアとは? これだけは知っておきたいIB教育のメリット、デメリットを分かりやすく解説 国際バカロレア(IB:International Baccalaureate)とは、スイスのジュネーブに本部を置く国際バカロレア機構が提供する国際的な教育プログラムで、1968年にチャレンジ...

IBDPを選択しない生徒でも、英語イマージョンのクラスで勉強して、海外大学へ挑戦する生徒も数多くいるようで、本校で開講されているDP科目では要件を満たさない場合などは、英語イマージョンクラスの方が良い場合もあると思われます。

入試試験の概要

募集定員

1学年 約60名
A方式:30名
B方式:30名

4月入学選抜

総合成績250点満点で入学者を決定する。
A方式またはB方式のいずれか1つを出願時に選択する。

1書類審査志願理由書
報告書または成績証明書
活動実績申告書
100点
2A方式外国語作文
45分:85点満点

日本語作文
30分:15点満点
100点
B方式適性検査Ⅰ
45分:50点満点

適性検査Ⅱ
45分:50点満点
3面接50点

編入学選抜

1書類審査志願理由書
成績証明書
活動実績申告書
100点
2A方式外国語作文
45分:85点満点
英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、中国語、韓国・朝鮮語が使用できる

日本語作文
30分:15点満点
100点
3面接50点

4月編入と9月編入は必ず行われます。募集人数は数名程度。後期課程(高校)からの編入も可能ですが、高校3年生にあたる6年生は4月の編入学のみとなります。

入試倍率

4月入学選抜

年度方式募集受験者合格者合格倍率
2022年度
(令和4年)
A方式30176345.17倍
B方式30161334.87倍
2021年度
(令和3年)
A方式30189345.55倍
B方式30146324.56倍
2020年度
(令和2年)
A方式30172335.21倍
B方式30139334.21倍
2019年度
(平成31年)
A方式30185375.00倍
B方式30149334.51倍

9月編入学

年度募集受験者合格者合格倍率
2022年度
(令和4年)
数名1963.16倍
2021年度
(令和3年)
数名1872.57倍
2020年度
(令和2年)
数名717.00倍

2年制編入学選抜

年度方式募集受験者合格者合格倍率
2022年度
(令和4年)
4月数名2573.57倍
9月数名1152.20倍
2021年度
(令和3年)
4月数名1762.83倍
9月数名1362.16倍
2020年度
(令和2年)
4月数名1234.00倍
9月数名2254.40倍

3年制編入学選抜

年度方式募集受験者合格者合格倍率
2022年度
(令和4年)
4月数名1252.40倍
9月数名942.25倍
2021年度
(令和3年)
4月数名1472.00倍
9月数名1061.66倍
2020年度
(令和2年)
4月数名1142.75倍
9月数名1728.50倍

4年制編入学選抜

年度方式募集受験者合格者合格倍率
2022年度
(令和4年)
4月数名1061.66倍
9月数名20102.00倍
2021年度
(令和3年)
4月数名881.00倍
9月数名1071.42倍
2020年度
(令和2年)
4月数名1042.50倍
9月数名832.66倍

5年制編入学選抜

年度方式募集受験者合格者合格倍率
2022年度
(令和4年)
4月数名1271.71倍
9月数名111.00倍
2021年度
(令和3年)
4月数名1081.25倍
9月数名431.33倍
2020年度
(令和2年)
4月数名515.00倍
9月数名717.00倍

6年制編入学選抜

年度方式募集受験者合格者合格倍率
2022年度
(令和4年)
4月数名111.00倍
2021年度
(令和3年)
4月数名0
2020年度
(令和2年)
4月数名111.00倍
2019年度
(平成31年)
4月数名111.00倍

国際バカロレアコースの特徴

国際バカロレアDP

高校最後の2年間(16歳〜19歳)を対象とした、国際バカロレアの集大成とも言えるディプロマ・プログラムの最大の特徴として、高校2年生と3年生で所定のカリキュラムを2年間履修し、最終試験で所定の成績を収めることで、国際的に認められた大学入学資格が取得できるということ。

IBDPの最終スコアによっては、アメリカやイギリスのトップ校はもちろん、世界で100ヵ国以上の大学での入学資格となりますので、カナダやオーストラリア、ヨーロッパ、アジア諸国の世界大学ランキング上位の名門大学への進学も開かれることになります。

また昨今では、海外大学だけではなく国内の大学でも、国際バカロレアの資格を活用した試験を実施している学校も増えてきています。

あわせて読みたい
国内の大学進学で有利に|IBDPの資格が活用できるIB入試を実施している大学リスト一覧 国際バカロレア(IB)コースを受講する時に、海外大学への進学だけではなく、日本国内の大学への進路も考えているといった場合、国際バカロレア(IB)コースの生徒は大...

国際バカロレアコース

2015年の4月に国際バカロレアDPの認定校となった東京学芸大学附属国際中等教育学校は、中学1年生から高校1年生にあたる1年生から4年生までは、全員が国際バカロレアMYPの課程を履修します。

その後、高校2年生と高校3年生にあたる、5年生と6年生では15人程度がDPのカリキュラムを履修することになります。

選抜方法

DPの授業に見合ったクラス規模(15名程度)を保つために、人数は限定するものの選抜試験のようなものがあるわけではなく、高校1年生にあたる4年生までの学習状況や進路希望、本人の適性などを考慮して決められます。

受講可能な科目一覧

Group1
英語A:言語と文学(HL)
日本語A:言語と文学(HL)

Group2
英語B(HL)

Group3
歴史(HL)

Group4
化学(SL)

Group5
数学AI(SL)

Group6
アート(SL)

学校生活について

HRクラスは一般プログラム生とは別ですか?

完全に分かれることはありません。一般プログラム4クラスのうち1または2クラスにDP生全員が一般プログラム生とともに所属する予定です。DPの授業の時のみ別々に学習します。

学校行事や生徒会活動は一般プログラム生と同様に行えますか?

定期テストや、国際教養の時間の一部が異なりますが、スクールフェスティバル、スポーツフェスティバル、海外ワークキャンプなどの学校行事や、生徒総会、委員会などの生徒会活動については一般プログラム生と同様に行います。

部活動は一般プログラム生と異なりますか?

CASの活動のひとつとして位置付けられる場合がありますが、活動自体は一般プログラム生と一緒に活動し、内容もほぼ変わりません。

履修について

高等学校卒業資格は得られますか?

文部科学省の定める学習指導要領にも対応しているため、日本の高等学校卒業資格も与えられます。

途中でDPから一般プログラムへ変更することはできますか?

同意書を受理してからのプログラム変更は認めていません。

DPを選んだ場合、留学できますか?

できません。DPの2年間において、途中でプログラムを離れることは認めていません。

進路について

IBディプロマ資格を取得すると、どのような進路に進めますか?

DPの成績(IBディプロマ資格)を利用した大学進学、DPの成績を利用しない大学進学があります。

DPを利用して大学へ出願する場合、どのDP科目をどのレベルで選択したかが重要になる場合があります。目標進学先の要件をしっかりと確認しておく必要があります。

あわせて読みたい
国内の大学進学で有利に|IBDPの資格が活用できるIB入試を実施している大学リスト一覧 国際バカロレア(IB)コースを受講する時に、海外大学への進学だけではなく、日本国内の大学への進路も考えているといった場合、国際バカロレア(IB)コースの生徒は大...

DPの成績を利用しない大学進学をする場合、DPの生徒はDPの成績だけでなく、一般プログラム生と同じように5段階評定による成績もつくため、DPの成績による選考ではないタイプの入試に出願することも可能です。

ただ、各科目の学習内容がDPと一般プログラムでは異なっているので、一般入試のようなものでの大学出願は難しく、AO入試等の特別入試を受けることになると考えられます。

学費など費用について

学費関係

1〜3年

入学料・授業料0円
諸経費174,800円

4年〜5年

4年5年・6年
一般DP
入学料56,400円
授業料115,200円
諸経費174,800円674,800

国際バカロレアDPを受講する生徒は、教育費として500,000円が必要となります。

IBDP資格取得実績

2018年〜2021年のIBDP取得率は100%となっています。また2018年〜2020年の平均得点は45点満点中32.26点と、世界の平均28.53点を上回る結果となっています。

出典:東京学芸大学附属国際中等教育学校

大学合格実績

2022年度

大学合格種別

2022年度(10回生)133名

直近2022年は、現役での東京大学3名の合格者を含む31名の国公立大学への合格者を出しています。また、難関私立大学と言われる慶應義塾大学や早稲田大学などにも非常に多くの合格者を輩出しています。

国公立大学31名
私立大学279名
海外大学20名
2022年3月25日時点

海外大学

アメリカSwarthmore CollegeイギリスUniversity of Sussex
Carleton CollegeUniversity of East Anglia
Amherst CollegeKing’s College London
Bowdoin CollegeUniversity of Southampton
Knox CollegeUniversity of the Arts London
オーストラリアThe University of MelbourneThe University of Manchester
カナダUniversity of TorontoDurham University
The University of British Columbiaその他テンプル大学
淡江大學

免責事項

当サイトに掲載する情報の正確性について万全を期しておりますが、その内容の完全性、正確性、有用性、安全性等については、いかなる保証を行うものでもありません。また、当ウェブサイトの内容や情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、予告なく変更・改訂される場合や、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。
情報が不正確であったこと及び誤植があったことにより生じたいかなる損害に関しても、また、掲載情報に基づいて利用者が下した判断および起こした行動によりいかなる結果が発生した場合においても、その責を負いませんので予めご了承ください。

この記事をシェアする
目次