加藤学園暁秀中学校・高等学校|11年連続東大合格者を輩出。日本初の一条校でIBDP認定を受けた学校の詳細

目次

オンライン家庭教師EDUBAL
IB(国際バカロレア)対策コースも

オンラインで受講
教師は全員IB経験者
ほとんどのIB科目に対応

\ 詳細はこちらから /

加藤学園暁秀の詳細

基本データ

学校名学校法人 加藤学園
加藤学園暁秀中学校・高等学校
区分私立
所在地〒410-0011
静岡県沼津市岡宮字中見代1361-1
ホームーページ加藤学園暁秀中学校・高等学校
SNS[jin_icon_twitter]Twitter
[jin_icon_facebook]Facebook
[jin_icon_instagram]Instagram

静岡県沼津市にある私立の中高一貫教育を行なっている加藤学園暁秀中学校・高等学校。バイリンガルコースでは国際バカロレアを受講し、英語を第一言語とする外国人教師が授業を行い中学校では45〜50%を、高校では75%程度のを英語で行われています。

難関大学を目指すクラスも新たに設置されましたが、過去11年連続東大合格者を出しているなど、国公立、医学系大学や難関私立大学への合格者を多数輩出しているだけでなく、世界トップクラスのハーバード大学やイェール大学などにも進学実績のある学校です。

出身地域一覧

暁秀中学校、高等学校へは広範囲から入学していて出身地域も広く、2021年4月時点での在校生のうち、中学生の出身小学校は74校、高校生の出身中学校は59校となっていました。

中学校高校中学校高校
沼津市3345伊東市35
三島市1611函南町32
清水町94賀茂郡01
長泉町168下田市02
裾野市1013富士市145
御殿場市1419富士宮市55
小山町03静岡市10
伊豆の国市06神奈川県62
伊豆市11その他34
熱海市04

暁秀中学校への入学

コース詳細

暁秀中学校は以下のコース、クラスに分けられます。

  • 中高一貫コース
    • 通常のクラス
    • 特別選抜クラス
  • アルファコース
  • バイリンガルコース

中高一貫コース

暁秀中学校の中心となる6年後の国内有名大学への進学を目指すコースです。

中学1年生の時から数学と英語は習熟度別の授業があり、生徒は常に自分の実力に合った授業を受ける事が出来ます。メンバー編成は学期に1回程度変わるようです。

中高一貫コースに通常よりも授業進度が早めに設定された「特別選抜クラス」が2021年度から設置されました。またアルファコースは中学2年の3学期に判定試験を実施され編成されます。

特別選抜クラス

2021年度の入試から募集が開始された「特別選抜入試」の合格者(定員15名)で構成されたクラス。

小学校での英語既習者で、早い時期から難関大学進学を強く志望する生徒が対象で、中高一貫コースの各クラスに所属しながら、国語、数学、英語の授業を単独で行います。

単独で行われる授業の進行速度はやや速く、クラス特有の深い内容が扱われ、授業で設定されるハードルもやや高めとなります。

2021年度入学者:17名
2022年度入学者:18名

アルファコース

中学2年生の3学期に実施される判定試験の合格者で構成された、難関大学または医学部などの難関学部への現役進学を特に強く志望する生徒が対象のコースです。

数学、英語、国語の授業では、高等学校での学習内容を先取りして学ぶため、授業の進行速度は他のコースよりも速めに設定されています。

高校3年生までクラス替えはなくメンバーが固定となるので、生徒間の結びつきが強くなり切磋琢磨できる環境が整いうのが特徴。

バイリンガルコース

国際バカロレアのカリキュラムを受講するバイリンガルコースは、中学1年生から高校1年生までが国際バカロレアMYP課程で、高校2年生と高校3年生が国際バカロレアDP課程となります。

中学校ではやく45〜55%の教科を英語で学ぶことになります。

中学校試験の概要

募集人員

男女計120名
中高一貫コース90名(特別選抜クラス15名を含む)
バイリンガルコース30名
加藤学園暁秀初等学校からの入学者を含む。

入試方法・試験内容

一般選抜試験特別選抜試験
中高一貫コース:75名バイリンガルコース:30名中高一貫コース:15名
国語
算数
面接(保護者同伴)
国語
Math(英文表記
英語
面接(日本語・英語、保護者同伴)
国語
算数
英語
面接(保護者同伴)

入試倍率

2022年度

募集人員受験者数合格者数実質倍率
中高一貫コース7565631.03
特別選抜クラス1538241.58
バイリンガルコース3028281.00

暁秀高等学校への入学

コース詳細

  • 特進コース
    • 特別選抜クラス
    • 文理融合クラス
  • アルファコース
  • バイリンガルコース

特進コース

暁秀高等学校の中心となる、国内の有名大学への進学を目指すコースです。

2022年度から特進コースに特別選抜クラスと文理融合クラスが設置されました。特進コースは高校2年生の時に文系・理系を選択して、3年生の時に国立文系・私立文系・国立理系・私立理系を選択します。

特別選抜クラス

難関大学または医学部などの難関学部への現役進学を目指すコースで、文理融合クラスよりも授業の進行速度は速めに設定されているコースです。

高校2年生の時に文系または理系を選択し、教科により習熟度別の授業を受講し、高校3年生の時に国立文系、私立文系、国立理系、私立理系から選択し習熟度別の授業を受講します。

文理融合クラス

国公立大学または有名私立大学への現役進学を目指しているコースで、高校1年生の時から数学と英語は習熟度別授業が展開され、高校2年生の時に文系または理系を選択し、教科によって習熟度別の授業を行います。

高校3年生の時には、国立文系、私立文系、国立理系、私立理系から選択して習熟度別授業を行っていく。

バイリンガルコース

国際バカロレア方式の授業を行うのがバイリンガルコースです。約75%の教科は英語で学びます。高校2年生と高校3年生が国際バカロレアDP課程となります。

各コースの生徒数

2021年4月時点の生徒数は、男子224名、女子175名が在籍しているようで、各学年・各コースの人数は以下のようになっていました。

特進
コース
男子女子合計
1年52名28名80名
2年41名34名75名
3年66名39名105名
アルファ
コース
男子女子合計
1年13名11名24名
2年12名11名23名
3年12名11名23名
バイリンガルコース男子女子合計
1年12名10名22名
2年7名11名18名
3年9名20名29名

バイリンガルコースの人数を見てみると、おおよそ20名前後の生徒がIBDPを受講しているようです。

高校入学試験の概要

募集人員

男女計210名
加藤学園暁秀中学校からの進学者を含む。

入試方法・試験内容

特進コースバイリンガルコース
国語
数学
英語
理科
社会
面接(集団面接)
調査書
国語
数学
英語
面接(日本語・英語)
調査書

入試倍率

2020年〜2022年の全体の募集定員数と志願者数、志願倍率をまとめました。

年度募集定員志願者数志願倍率
2022年度2103471.65倍
2021年度2103441.64倍
2020年度2103301.57倍

国際バカロレアコースについて

2002年3月に一条校として日本で初のDP認定を受けた暁秀高等学校。国際バカロレアIBを受講しているバイリンガルコースの卒業生は、日本の高校卒業証書も得ることができます。

バイリンガルコースは英語で行われる授業の比率が、中学校では45〜50%程度。高校では75%程度となっています。

受講可能な科目一覧

Group1
Japanese A Literature(HL)
English A Language & Literature(HL)

Group2
English B(HL)
Mandarin ab initio(SL)
(Japanese ab initio SL)

Group3
History(SL/HL)

Group4
Physics (SL/(HL))
Chemistry(SL/HL)

Group5
Maths(HL)
Maths Studies(SL)

Group6
Visual arts (SL/(HL))

※()の科目と、レベルは「特別対応可能」、他は「通常設定科目」となります。

学費など費用について

中学校の学費等

入学手続金:155,000円

入学金40,000円
施設費100,000円
校友会入会金2,000円
後援会入会金3,000円
進学対策会入会金10,000円

学費:49,500円

授業料44,500円
施設費1,900円
図書費600円
PTA会費400円
校友会費300円
後援会費800円
進学対策費1,000円

バイリンガルコースは、二カ国語維持費30,000円が加算されます

奨学制度

特待生制度

入学試験において、特に優秀な成績を収めた学生に対して、入学金40,000円と施設費100,000円の合計140,000円が免除され、また特待生の種類に応じて授業料の免除があります。

特待生A毎月の授業料を全額(44,500円)免除。
特待生B毎月の授業料を半額(22,250円)免除。
特待生C授業料の免除なし

貸与型奨学制度

成績優秀で向学心があり、学費の支払いが困難な家庭の生徒のうち選考により決定されると、月額30,000円を貸与していただけます。貸与金は卒業後10年以内の返還。

高等学校の学費等

入学手続金:180,000円

入学金40,000円
施設費125,000円
校友会入会金2,000円
後援会入会金3,000円
進学対策会入会金10,000円

学費:49,500円

授業料42,000円
施設費5,400円
図書費600円
PTA会費400円
校友会費300円
後援会費800円
進学対策費1,500円

バイリンガルコースは、二カ国語維持費30,000円が加算されます

奨学制度

給付型奨学制度

2021年度4月より特待制度より変更となったもので、奨学生は以下の条件となります。

奨学生A1,B1,C
運動部奨学生
奨学生A2,B2
成績優秀で向学心があり、学校長が推薦した者
SA入学試験において、優秀な成績を収めた者

各奨学生の支給額は以下のとおりです。

共通入学金40,000円
施設費125,000円
単願奨学生A1毎月42,000円
奨学生B1毎月21,000円
奨学生C支給なし
運動部奨学生支給なし
併願奨学生A2毎月42,000円
奨学生B2毎月21,000円
全員奨学生SA毎月42,000円

資格は原則3年間継続ですが、1年ごとに学校側が示す成績基準を満たしているかの審査があり、基準に満たない場合は奨学生区分の変更や資格解除となる場合もあります。

貸与型奨学制度

成績優秀で向学心があり、学費の支払いが困難な家庭の生徒のうち選考により決定されると、月額30,000円を貸与していただけます。貸与金は卒業後10年以内の返還。

就学支援金

国の高等学校就学支援金制度の見直しに伴い、令和4年度から静岡県独自の授業料減免制度が拡充され、以下の通りとなりました。

IBDP資格取得実績

暁秀高等学校のIB試験結果の平均点は35点となっており、世界平均の32点を上回る結果のようで、43点というハイスコアを取得した生徒もいるようです。

出典:暁秀高等学校

大学合格・進学実績

IBDPを受講するバイリンガルコースの2022年度卒業生29名の大学合格の実績は以下のようになっていました。

  • 国公立大学:10人
  • 防衛大学校:1人
  • 私立大学:22人
  • 海外大学:39人

海外大学では、アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、ベルギー、イタリア、オランダなどが含まれており、QS世界大学ランキングTOP100位以内に入っている大学も複数合格されているようです。

国公立大学

北海道大学岡山大学都留文科大学
筑波大学九州工業大学大阪公立大学
東京外国語大学鹿児島大学防衛大学校

私立大学

学習院大学東洋大学金沢工業大学
慶應義塾大学法政大学立命館大学
国際基督教大学東京都市大学関西大学
芝浦工業大学武蔵野大学関西学院大学
中央大学明治学院大学立命館アジア太平洋大学
帝京大学立教大学国際ファッション専門職大学

海外大学

アメリカ:7人
イギリス:15人
カナダ:9人
オーストラリア:5人
オランダ:1人
イタリア:1人
ベルギー:1人

QS2022世界大学ランキング100位以内の大学

アメリカUniversity of Washington
イギリスUniversity College London
The University of Manchester
The University of Edinburgh
カナダMcGill University
The University of British Columbia
University of Toronto
オーストラリアThe University of Sydney
University of Melborne
The University of New South Wales

免責事項

当サイトに掲載する情報の正確性について万全を期しておりますが、その内容の完全性、正確性、有用性、安全性等については、いかなる保証を行うものでもありません。また、当ウェブサイトの内容や情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、予告なく変更・改訂される場合や、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。
情報が不正確であったこと及び誤植があったことにより生じたいかなる損害に関しても、また、掲載情報に基づいて利用者が下した判断および起こした行動によりいかなる結果が発生した場合においても、その責を負いませんので予めご了承ください。

この記事をシェアする
目次