武蔵野大学附属千代田高等学院|区内初の国際バカロレア認定を受けた中高一貫校。千代田国際中学校も開校

目次

武蔵野大学附属千代田の詳細

基本情報

学校名武蔵野大学附属千代田中学高等学院
区分私立
住所〒102-0081
東京都千代田区四番町11番地
電話番号03-3263-6551
ホームページ武蔵野大学附属千代田高等学院

2016年4月に武蔵野大学と法人合併を行い高大連携を強化し、2017年にはSDGsに取り組む国連グローバルコンパクトの正会員に、2018年には千代田区で初となる国際バカロレアの認定校となりました。

同2018年4月から男女共学化となり、校名を千代田女学園中学校・高等学校から武蔵野大学附属千代田高等学院に変更され、2021年度より新入生を対象にコースが一新。2022年4月から中学校が再開される事になりました。

出典:武蔵野大学附属千代田高等学院

学校生活においては校内でパンやおにぎりなどを購入することも可能ですし、事前にお弁当を注文して宅配してくれるものもありまうす。

本校は浄土真宗の学校ということですが、信仰を強制されるものでもなく、宗派の違いなどによって学校生活や試験などに影響することはないと記載がありますので、その点も安心なのかと思います。

武蔵野大学 千代田国際中学校への入学

中学校試験の概要

武蔵野大学 千代田国際中学校への入学試験には以下の4つがあります。

  • 教科型入試
  • 思考力型入試
  • 適性検査型入試
  • 海外帰国生入試

教科型入試

試験名称第1回第2回第3回第4回第5回
募集人数20名25名20名20名5名
試験科目【2科】
国語
算数

【4科】
国語
算数
理科
社会
・必須
算数

・選択
国語
英語
・必須
算数

・選択
理科
英語
【1科】
算数

【2科】
算数
国語
英語資格優遇CEFR A2以上:英語試験90%保証
CEFR A1以上:英語試験75%保証
2023年度の募集要項より

武蔵野大学 千代田国際中学校では、学習者の言語能力を6段階で表すCEFRと呼ばれる国際的な指標を利用されています。CEFRのレベルに対応する各種検定試験の級やスコアの目安は下図の通りです。

その他の入試

入試区分思考力型適性検査海外帰国生
一般オンライン
募集人数5名5名若干名若干名
試験科目基礎学力試験
・国語
・算数
思考力試験
3科
ⅠⅡⅢ型
【教科型入試】
国語
算数
日本語面接

【英語型入試】
エッセイ
英語面接
ZOOMを活用したオンライン面接
2023年度の募集要項より

入試倍率

2022年度

試験名称募集人員性別受験者数合格者数倍率
第1回30人17人12人1.4倍
18人13人1.4倍
第2回20人30人26人1.2倍
29人23人1.3倍
第3回20人27人16人1.7倍
19人13人1.5倍
第4回20人18人10人1.8倍
5人1人5.0倍
第5回5人13人8人1.6倍
17人10人1.7倍

武蔵野大学附属千代田高等学校への入学

出典:武蔵野大学附属千代田高等学院

選抜探求コース

選抜探求コースでは基礎基本を大切にしたうえで、よりハイレベルな問題を解決するための教養を学び、2年次からはIB系、グローバル探求系、医進探求系の3つに分かれて専門性の高い学びを受け、国内難関大学はもとより、海外難関大学への進学も視野に入れながら果敢に挑戦していきます。

IB系

海外大学や国内の難関大学などを目標進路とした国際バカロレアのプログラムを履修し、世界共通のカリキュラムにより国際的な視野を養い、探究心、知識、思いやりに富んだ生徒の育成を目指すコースです。

あわせて読みたい
国際バカロレアとは? これだけは知っておきたいIB教育のメリット、デメリットを分かりやすく解説 国際バカロレア(IB:International Baccalaureate)とは、スイスのジュネーブに本部を置く国際バカロレア機構が提供する国際的な教育プログラムで、1968年にチャレンジ...

グローバル探求系

難関国公立大学や文系の私立大学などを目標進路としたコースです。国際的な視野を育てるということで、世界中のさまざまな問題に興味関心を持ち、自分ごととして考える姿勢を育成するとともに、物事を深く掘り下げて、正解のない課題に挑戦していきます。

医進探求系

難関国公立大学や理系の私立大学などを目標としたコースです。高度な研究や考察に力を入れていて、理数系の科目を中心に幅広く、深く学んで、ハイレベルな実験や実習を行っていくなかで実践的な知識や思考力、判断力を高めていきます。

附属進学コース

附属進学コースは基礎基本を大切に学びの土台を築き、2年次からは文系と理系に分かれて幅広い進路を実現。武蔵野大学への附属校推薦をはじめ、他大学への進学もサポートしてくれます。

文系

武蔵野大学や他文系の大学を目標としたコースです。幅広い知識や経験、教養を身につけるためのカリキュラムにより、多彩なジャンルの学びに挑戦し、自己の可能性を広げていきます。

理系

武蔵野大学や他理系の大学を目標としたコースです。理系科目を中心としたカリキュラムにより、論理的に物事を考える力を養い、自らの興味・関心を広げ、進路につなげます。

高校入学試験の概要

募集人数

一般入試:選抜探求50名/附属進学50名
推薦入試:選抜探求50名/附属進学50名

入試方法

推薦・一般入試募集要項
試験名推薦入試一般入試
併願優遇一般
募集人数選抜探求50名/附属進学50名選抜探求50名/附属進学50名
成績基準選抜探究コース:3科12以上or5科20以上
附属進学コース:5科18以上or9科33以上
※3科は国語、数学、英語
※5科は国語、数学、英語、理科、社会
※9科は全科目
※3学期制は1学期または2学期の成績、2学期制は前期の成績で判断
基準なし
試験科目適性検査
・国語
・数学
・英語
学力試験
・国語
・英語
・数学
英語資格優遇CEFR B1以上:英語試験90%を保証
CEFR A2:英語試験80%を保証
備考
特待選考対象:選抜探求コース
A特待:入学金全額免除
B特待:入学金半額免除

併願優遇とは、私立高校が内申によって合格する可能性を高めてくれる代わりに、都立高校に落ちた場合はその私立高校に入学すると約束する受験制度です。

つまり、学生がこの制度を利用することによって、進学先は都立高校かその併願優遇を利用して受験し合格した私立高校のどちらかという事になります。

また加点措置として以下のようなものがあります。※一項目のみ適用

選抜探求コース附属進学コース
CEFR A2以上
(英検準2級以上)
+2+2
CEFR A1
(英検3級)
+1+1
漢検・数検準2級以上+1+1
生徒会会長+2+2
生徒会役員・学級代表委員+1+1
2023 年度入試

武蔵野大学附属千代田高等学院では、学習者の言語能力を6段階で表すCEFRと呼ばれる国際的な指標を利用されています。CEFRのレベルに対応する各種検定試験の級やスコアの目安は下図の通りです。

海外帰国生入試募集要項
試験名海外帰国生一般入試海外帰国生オンライン入試
※日本への帰国が難しい場合のみ
募集人数選抜探求/附属進学:若干名
出願資格CEFR A2以上の英語資格取得
試験科目教科型入試
・国語
・算数
・英語
・日本語面接

英語型入試
・エッセイ
・英語面接
ZOOMでオンライン面接

入試倍率

2022年度

コース試験受験者数合格者数合格倍率
選抜探求単願推薦551.0
併願推薦331.0
併願優遇12121.0
一般751.4
附属進学単願推薦29291.0
併願推薦441.0
併願優遇10101.0
一般30221.4

2021年度

コース試験受験者数合格者数合格倍率
選抜探求推薦18181.0
併願優遇39391.0
一般19151.3
附属進学推薦1031031.0
併願優遇50501.0
一般37341.1

国際バカロレアコースについて

国際バカロレアDP

高校最後の2年間(16歳〜19歳)を対象とした、国際バカロレアの集大成とも言えるディプロマ・プログラムの最大の特徴として、高校2年生と3年生で所定のカリキュラムを2年間履修し、最終試験で所定の成績を収めることで、国際的に認められた大学入学資格が取得できるということ。

IBDPの最終スコアによっては、アメリカやイギリスのトップ校はもちろん、世界で100ヵ国以上の大学での入学資格となりますので、カナダやオーストラリア、ヨーロッパ、アジア諸国の世界大学ランキング上位の名門大学への進学も開かれることになります。

また昨今では、海外大学だけではなく国内の大学でも、国際バカロレアの資格を活用した試験を実施している学校も増えてきています。

あわせて読みたい
国内の大学進学で有利に!IBDPの資格が活用できるバカロレア入試を実施している大学一覧 国際バカロレア(IB)コースを受講する時に、海外大学への進学だけではなく、日本国内の大学への進路も考えているといった場合、国際バカロレア(IB)コースの生徒は大...

国際バカロレアコース

開校当初の進級条件としては、日本の学校に通っている学生と、海外の現地校やインターに通っている学生で条件が違いました。当時以下が条件となっていました。

文部科学大臣の認定を受けた日本人学校在籍者の場合は、日本人学校での最終成績が主要5科目の英語、数学、国語、理科、社会の合計成績が、5段階評定で20/25以上。または国内公立中学3年(前期or1学期)の成績が22/25以上で、英語運用能力がCEFR B1レベル以上が求められます。

海外の現地校・インターナショナルスクールの在籍者の場合、日本の中学校に相当する課程の学業成績が優秀であることと、英語運用能力が CEFR B2レベル以上であることが求められます。

IBコースの定員は20名となっています。

受講可能な科目一覧

Group1
日本語A(HL)

Group2
英語B(SL/HL)

Group3
歴史(SL/HL)

Group4
生物(SL/HL)
化学(SL/HL)
物理(SL/HL)

Group5
数学(SL/HL)

Group6
音楽(SL)

IBDP資格取得実績

第2期生(2022年3月卒業生)のIBDPコース在籍生全員がIBDPを取得。

出典:武蔵野大学附属千代田高等学院

進路実績

2021年度

国内大学

国公立大学東京藝術大学私立大学慶應義塾大学
県立広島大学上智大学
医学部医学科杏林大学青山学院大学
東海大学中央大学
埼玉医科大学法政大学
岩手医科大学同志社大学
Clarkson University立命館大学
The State University of New York関西学院大学
Knox College日本大学
私立大学東洋大学専修大学
武蔵大学明治学院大学
國學院大學津田塾大学
東京女子大学日本女子大学
武蔵野大学

海外大学

オーストラリアThe University of Melbourne
アメリカUniversity of Illinois Urbana- Champaign
University of Massachusetts Amherst
Brandeis University
University of Massachusetts Boston
Fordham University
Clarkson University
The State University of New York
Knox College

免責事項
当サイトに掲載する情報の正確性について万全を期しておりますが、その内容の完全性、正確性、有用性、安全性等については、いかなる保証を行うものでもありません。また、当ウェブサイトの内容や情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、予告なく変更・改訂される場合や、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。
情報が不正確であったこと及び誤植があったことにより生じたいかなる損害に関しても、また、掲載情報に基づいて利用者が下した判断および起こした行動によりいかなる結果が発生した場合においても、その責を負いませんので予めご了承ください。

記事内容に誤りがありましたら
以下のフォームよりお知らせください。

    この記事をシェアする
    目次