大宮国際中等教育学校|埼玉県内初にして唯一の中等教育学校で、関東圏で初のMYP・DPの認定公立学校

目次

大宮国際中等教育学校学校の詳細

基本データ

学校名さいたま市立大宮国際中等教育学校
区分公立
住所〒330-0856
埼玉県さいたま市大宮区三橋4丁目96
電話番号048-622-8200
ホームページさいたま市立大宮国際中等教育学校
SNS[jin_icon_facebook]Facebook
[jin_icon_instagram]Instagram

さいたま市立大宮国際中等教育学校は、埼玉県内初にして唯一の中等教育学校として、教育課程の基準の特例を活かした特色ある教育課程によって、すべての生徒が6年間の系統的・継続的な学習活動が展開されています。

2019年に新設されたばかりなので、2022年時点では1年生〜4年生までしか生徒はいないので、2023年度より5年生からのコース分けが始まっていきます。

大宮国際中等教育学校学校への入学

1年〜4年までは、基礎力をじっくり育む4年間として、生徒全員が国際バカロレア(IB)のミドル・イヤーズ・プログラム(MYP)を受け、5年・6年生では、実践してさらに応用力を育む2年間として、特徴的な3つのコースに分かれて個の応用力を磨いていくことになります。

¥2,640 (2022/12/24 20:20時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

コース概要

  • Global Corse
  • Liberal Arts Course
  • STEM Course

Global Course

世界に一歩を踏み込む。国際バカロレア(IB)ディプロマ・プログラム(DP)に基づいて学習するコースです。自ら問いを立てる能力を高め、課題解決を図り、国際的な感覚と視野を身に付け、本質を見極める力を磨く。

Liberal Arts Course

現在と未来の世界を知る。文系理系の区別なく、幅広く深い知識を得て、AIで代替できない創造的な教養を身に付け、国際的に活躍できるリーダーシップを磨く。

STEM Course

テクノロジーをきわめる。STEMの領域を横断させ、自分の頭の中のアイディアを形に表
し、AIを使いこなすための教養を身に付け、システムの大枠を設計する力を磨く。

学びの仕組み

English Inquiry

中等1年~4年まで週2時間、英語ネイティブ教員によるイマージョン教育を行います。各教科で学習した内容をお互いに関連付け英語で学ぶことで、深い知識を習得するだけでなく、異文化などの世界観を知ることができます。

All English

毎日、朝の時間帯に英語で様々な活動に取り組みます。プレゼンテーション、日記、外国人への手紙など、英語で自分を表現する力を向上させます。

国内異文化体験

1年次 British Hillsで国内異文化体験

国内にいるのにまるでイギリスに留学をしているかのような体験ができます。この行事でれるBritish Hillsでは、専用のパスポートを使い、入国した時点からすべて英語で生活します。ハリーポッターのような世界に触れ、異文化を感じることができます。
2泊3日/5万円程度

外国語学研修

3年次 ニュージランドへ外国語研修

人生で最も多感な時期に、実際に外国を歩いて、見て、人と話して、聞いてみましょう。世界には多様性があふれていることを肌で感じることができます。また、コミュニケーションで大切なのは英語力だけではありません。自分が世界で何か語るために身近なことを知りたいと思うことも大切だと気付きます。それは、自ずと深い学びにつながります。
10日間程度/30万円程度

海外フィールドワーク

5年次 アメリカで海外フィールドワーク

さいたま市と姉妹都市にあるピッツバーグの大学を中心として様々な大学でサマープログラムなどを行い、現地の大学生・高校生と活動します。また、フィールドワークでは、自らの仮説を現地で多面的・多角的な方面から調べ、確かめます。これらの 体験は、世界平和に貢しようとする態度を養います。
10日間程度/45万円程度

試験の概要

中等教育学校の教育活動は、6年間継続した教育課程で実施されるので、後期課程(高校生)からの募集は行われません。

声教の中学過去問シリーズ
¥2,310 (2022/12/24 20:21時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

募集人員

160名(男女各80名程度)

一般選抜入試方法

第1次選抜

・適性検査A
・適性検査B

第2次選抜

・適性検査C:作文
・集団活動

適性検査A
・小学校で身に付けた様々な分野の基礎的・基本的な知識を活用する力をみます。
・「グローバル・スタディ」の授業で身に付けた知識を活用し、適切に判断する力をみます。

適性検査B
・発展的な課題に取り組み、自分の知識を活用して考え、課題を解決する力をみます。
・文章や資料などを読み取り、適切に判断・表現する力や自然現象・数理的事象などにつ
いて科学的に理解し、分析したり合理的に説明したりする力をみます。

特別選抜

募集定員は、一般選抜の募集定員160名の中に含み、定員の10%程度

帰国生特別選抜
一般選抜における志願者の資格を原則とし、日本国外における在住期間が、帰国時からさかのぼり、継続して1年以上である者。

外国人特別選抜
一般選抜における志願者の資格を原則とし、外国の国籍を有する者。

第1次選抜

・適性検査D(日本語または英語のいずれかの問題文を選択可)
・集団面接(日本語と英語)

第2次選抜

・適性検査E:作文
・集団活動

入試倍率

2022年度

募集数一次選抜二次選抜倍率
受験者数合格者数受験者数合格者数
男:80280200162803.50倍
女:80400200151805.00倍

国際バカロレアコースについて

国際バカロレアDP

高校最後の2年間(16歳〜19歳)を対象とした、国際バカロレアの集大成とも言えるディプロマ・プログラムの最大の特徴として、高校2年生と3年生で所定のカリキュラムを2年間履修し、最終試験で所定の成績を収めることで、国際的に認められた大学入学資格が取得できるということ。

IBDPの最終スコアによっては、アメリカやイギリスのトップ校はもちろん、世界で100ヵ国以上の大学での入学資格となりますので、カナダやオーストラリア、ヨーロッパ、アジア諸国の世界大学ランキング上位の名門大学への進学も開かれることになります。

また昨今では、海外大学だけではなく国内の大学でも、国際バカロレアの資格を活用した試験を実施している学校も増えてきています。

あわせて読みたい
国内の大学進学で有利に!IBDPの資格が活用できるバカロレア入試を実施している大学一覧 国際バカロレア(IB)コースを受講する時に、海外大学への進学だけではなく、日本国内の大学への進路も考えているといった場合、国際バカロレア(IB)コースの生徒は大...

国際バカロレアコース

2022年5月13日に国際バカロレアDPの認定を受け、関東圏で初めて国際バカロレアのMYPとDPの認定を受けた公立の学校。

2023年4月よりDP1期生のカリキュラムが開始する予定ですので、ここからまた色々と情報が出てくるかもしれません。

受講可能な科目一覧

Group1
Language A(SL/HL)

Group2
Language B(HL)

Group3
History(SL/HL)

Group4
Chemistry(SL/HL)

Group5
Math(SL/HL)

Group6
Arts(SL)

学費など費用について

学費関係

前期課程(中学生)は義務教育なので無料。4〜6年生の授業料は、市立高校と同程度の授業料がかかります(おおよそ年間118,800円)。また4年次進級時に所定の進級料がかかります。

その他、教材費や制服購入費、給食費(前期課程のみ)、その他諸経費などの費用がかかります。旅行積立費については、語学研修やフィールドワークとなるので、他の市立学校より多く徴収される予定です。

また、Global Course選択者は、特別学習費が別途必要となります。

IBDP資格取得実績

2019年に新設されたばかりの学校で、2022年5月に国際バカロレアDPの認定を受けたため、まだ受験した生徒はいません。

大学合格・進学実績

2019年に新設されたばかりで、一年生のみからのスタートとなりましたので、まだ卒業生が出ていません。

免責事項
当サイトに掲載する情報の正確性について万全を期しておりますが、その内容の完全性、正確性、有用性、安全性等については、いかなる保証を行うものでもありません。また、当サイトの内容や情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、予告なく変更・改訂される場合や、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。
情報が不正確であったこと及び誤植があったことにより生じたいかなる損害に関しても、また、掲載情報に基づいて利用者が下した判断および起こした行動によりいかなる結果が発生した場合においても、その責を負いませんので予めご了承ください。
当サイトの一部のコンテンツ作成にはAI技術を活用しています。最新の技術を活用して、皆様により価値のある情報を提供することを目指しています。

記事内容に誤りがありましたら
以下のフォームよりお知らせください。

    この記事をシェアする
    目次