香港中文大学(CUHK)へ正規留学するための入学要件詳細、費用など完全ガイド

目次

香港中文大学の基本データ

設立1963年
区分公立
学生数約20,000人
留学生約70の国と地域から
8,000人以上
ホームページ香港中文大学
SNS Facebook
Youtube
Instagram
Twitter(X)

香港中文大学(CUHK)は香港で2番目に設立された公立大学で、香港で唯一のカレッジ制を導入しており、非常に多くの学生を受け入れている香港大学に並ぶアジア屈指の超名門大学です。

IMAGE: CUHK

世界大学ランキング

世界大学ランキングでも50位以内と上位に位置している大学ですが、直近2023年度版のTHE世界大学ランキングでは45位、QSランキング2024年では47位と、日本の東京大学と京都大学の間にランクインしているような大学となっています。

大学THEQS
東京大学39位28位
香港中文大学45位38位
京都大学68位46位

QS 2024 Subject

Nursing

16位

Communication & Media Studies

20位

Linguistics

22位

Sociology

23位

Geography

24位

Medicine

32位

Anthropology

37位

Theology, Divinity & Religious Studies

37位

Education

40位

Accounting & Finance

45位

Psychology

45位

Modern Languages

45位

Arts & Humanities

50位

香港中文大学(CUHK)のコースは中国語または英語で行われ、場合によっては両方の言語で行われています。これは中国語に慣れていない留学生にとって理想的で、留学生には英語で学べる十分なコースが提供されています。

カレッジ制度

香港中文大学(CUHK)は、香港で唯一カレッジ制度を提供している学校となり、現在9つのカレッジに分かれていて、この9つのカレッジに留学生も含めて全ての学生は属することになります。

それぞれのカレッジには、寮や図書館、ジム、食堂、サークルなどがあり、各カレッジが海外留学生枠を持っているなど教育機関としての機能も果たしているそうです。

CUHKの入学要件

香港中文大学への学部留学には、下記の3つの要件を満たす必要があります。

  1. 一般要件
  2. 言語要件
  3. プログラム固有の要件

日本の高校へ通う学生の場合、国際バカロレア(IB)ディプロマやAレベル、高校卒業資格も一般要件を満たしています。

日本の高校卒業

Japan Senior School-leaving Certificate (e.g. Kotogakko Sotsugyo Shomeisho) with an overall average of 80%
To make your application competitive, you are recommended to submit National Center Test (Sentā) results.

このように記載があります

日本語訳
高等学校卒業程度認定試験(例:高等学校卒業程度認定試験)総合平均80%以上
あなたの出願を競争力のあるものにするために、ナショナルセンター試験の結果を提出することをお勧めします。

国際バカロレアの要件

スコア要件として、国際バカロレア最終試験で、45点満点中30点以上取得した学生となっています。また、それ以外の要件は以下のとおりです。

IBDP:30/45点以上
英語要件)英語科目:4点以上
中国語要件)中国語科目:4点以上

※IBディプロマ取得者は、学部長の判断により中国語が免除される場合がある。

希望科目(Subject Preferences)

以下の表は希望する科目が指定されているプログラムの一覧です。(2023入学)

これは科目要件ではなく参考のためのもので、応募書類は、提出された全ての資料、学業成績、非学業成績、面接(ある場合)をもとに総合的に判断されます。

ProgrammeGood Grades in
Preferred Subjects
Level
Faculty of Arts
Chinese Language and Literature中国語(言語A):文学HL
English英語HL
Music音楽HL
Translation中国語、英語少なくとも、どちらか1科目はHL
Faculty of Business Administration
Biotechnology, Entrepreneurship and Healthcare Management①数学
②生物学or化学
①SL/HL
②HLが望ましい
Insurance, Financial & Actuarial Analysis数学科目のいずれか
(ただし、数学応用と解釈SLを除く)
SL/HL
Integrated BBA Programme and Juris Doctor①英語A
②英語B
①SL/HL
②HL
Quantitative Finance数学SL/HL
Quantitative Finance and Risk Management Science①数学
②生物、化学、CS、経済、物理のいずれか
①②SL/HL
Faculty of Education
Learning Design and Technology①数学
②生物、化学、CS、経済、地理、物理のいずれか
①②SL/HL
Mathematics and Mathematics Education数学AA、数学AIHL
Faculty of Engineering
Artificial Intelligence: Systems and Technologies①数学
②生物、化学、CS、物理のいずれか
①②HL
Biomedical Engineering数学、生物、化学、物理のうち2科目少なくとも1つはHLが望ましい
Computational Data Science①数学
②生物、化学、CS、経済、物理のうち1科目
SL/HL
Computer Science and Engineering①数学
②生物、化学、CS、物理のうち1科目
HL
Electronic Engineering①数学
②物理
HL
Energy and Environmental Engineering①数学(応用と解釈SLを除く)
②生物、化学、CS、物理のうち1科目
SL/HL
Financial Technology①数学(応用と解釈SLを除く)
②生物、ビジネスマネージメント、化学、CS、経済、物理のうち1科目
SL/HL
Information Engineering①数学AA(SL/HL)
or数学AI(HL)
②CS、物理のいずれか
SL/HL
Learning Design and Technology①数学
②生物、化学、CS、経済、地理、物理のうち1科目
HL
Mathematics and Information Engineering①数学AA or AI
②生物、化学、CS、物理のうち1科目
HL
Mechanical and Automation Engineering①数学
(数学AIのSLを除く)
②生物、化学、CS、物理のうち1科目
SL/HL
Systems Engineering and Engineering Management①数学
(数学AIのSLを除く)
②生物、化学、CS、物理のうち1科目
SL/HL
Faculty of Law
Bachelor of Laws①英語A
②英語B
①SL/HL
②HL
Integrated BBA Programme and Juris Doctor①英語A
②英語B
①SL/HL
②HL
Faculty of Medicine
Biomedical SciencesSL/HL
Biotechnology, Entrepreneurship and Healthcare Management①数学
②生物 or 化学
①SL/HL
②HLであることが望ましい
Chinese Medicine①中国語
②理科科目1つ
HL
Medicine生物 or 化学
(どちらも履修が望ましい)
HL
Faculty of Science
Science (broad-based)数学、生物、化学、経済、地理、物理のうち2科目HL
(HL科目が1つしかない場合は、個別で検討する)
Biotechnology, Entrepreneurship and Healthcare Management①数学
②生物 or 化学
①SL/HL
②HLが望ましい
Computational Data Science①数学
②生物、化学、CS、経済、物理のうち1科目
SL/HL
Earth and Environmental Sciences数学、生物、化学、地理、物理のうち2科目HL
Enrichment Mathematics数学AAHL
Enrichment Stream in Theoretical Physics①数学
②物理
①②HL
Learning Design and Technology①数学
②生物、化学、CS、経済、地理、物理のうち1科目
①②HL
Quantitative Finance and Risk Management Science①数学
②生物、化学、CS、経済、物理のうち1科目
SL/HL
Risk Management Science数学HL

英語要件

IBDP英語4以上
IELTS6.0以上
TOEL iBT80以上

中国語要件

香港中文大学(CUHK)に出願する留学生は、中国語の知識が必要な幾つかのコースを除いて、中国語のスキルは必要ありません。

プログラム固有要件

プログラム毎の固有要件は、下記ページにて確認が出来ます。

大学の学費や生活費

費用1HK$=15円計算
オンライン申請料HK$4506,750円
年間授業料HK$145,0002,175,000円
寮費(1学年あたり)HK$15,000225,000円

平均で学生は生活費として、年間HK$35,000を費やす計算がされていますので、年間授業料と寮費、生活費などを合わせると、学生1人あたり年間約HK$195,000ほどとなります。

1HK$=15円とした場合、年間2,925,000円のコストとなります。

重要な日付

以下は2023年度の入試に関する重要な日付となっていますが、2023年度以降の重要な日付の参考になるかと思います。

  • 10月15日:学部の入学説明会
  • 11月17日:第一次選考応募締切日(※1)
  • 翌年1月中旬まで:合格者への通知(※2)(※3)
  • 1月5日:一般選考の応募締切日(※1)
  • 2月以降:一般選考合格者への通知(※3)
  • 8月〜9月:新入生の登録とコース選択
  • 9月上旬:1学期開始

※1:入学願書は1通のみです。出願した人は、その後の選考に別途出願する必要はありません。

※2: 繰り上げ合格にならなかった受験者は、自動的に他の受験者と同じ条件で一般選考に参加することになります。

※3: 合格者は、指定された期日までに入学金10,000香港ドルを支払い、入学許可手続きを完了しなければなりません。

魅力が詰まった香港

香港は中国本土とマカオの間に位置する特別行政区で、中国とイギリスの統治時代の文化が融合した、国際色豊かな都市として知られています。

東アジアの中心に位置する香港は、総面積は約1,100平方キロメートルという東京都の約半分の大きさとなっていますが、その大きさとは不釣り合いなほどの経済力を備えています。

香港は、英語と広東語の両方が公用語となっているので、英語と広東語の両方を学ぶことができます。特に、英語を学びながら中国文化に触れたい方には、香港は最適な留学先と言えます。

特に政府、法律、専門職、ビジネス分野では英語が主要なコミュニケーションツールとして使用されていて、英語スキルがあれば日常生活においても大きな利点となります。

また、香港には世界トップ50に入る大学が複数あり、香港の学生は学業成績が優秀で、積極的に学習に取り組む傾向があります。そのため、香港の大学で学ぶことで高いレベルの教育を受けることができるのも魅力です。

留学先として香港が選ばれる理由

  • 英語力を向上させたい
  • 中国語を学びたい
  • 国際的な環境で学びたい
  • 高いレベルの教育を受けたい

香港の人口は730万人ほどで、人口密度としては東京都比べてもそれほど極端に高いというわけではありません。ですが、香港の約7割の土地が山や森林保護区等になっているため、実際は3割程度の土地しか活用できないため、結果として高層ビル群が立ち並ぶようになりました。

さらに観光地としても有名な香港では、年間約3,000万人が訪れていたのですが、これは2018年に日本へ来た外国人旅行者の数と同程度ということになります。

これだけ小さい場所に、日本全土に年間訪れるだけの数の人たちが来るわけですから、人口密度は相当なものとなってしまいます。

当然、家賃も年々上がってきていて、お世辞にもキレイとは言えないようなアパートメントでも相当な家賃を支払う必要があるのが香港ということになります。

ただ、飛行機で4〜5時間の範囲内にアジアの全ての主要市場があり、世界人口の半分が住んでいる。英語と中国語のどちらも学ぶことができるという香港という場所には、魅力がたくさん詰まっているのは間違いありません。

免責事項
当サイトに掲載する情報の正確性について万全を期しておりますが、その内容の完全性、正確性、有用性、安全性等については、いかなる保証を行うものでもありません。また、当サイトの内容や情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、予告なく変更・改訂される場合や、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。
情報が不正確であったこと及び誤植があったことにより生じたいかなる損害に関しても、また、掲載情報に基づいて利用者が下した判断および起こした行動によりいかなる結果が発生した場合においても、その責を負いませんので予めご了承ください。
当サイトの一部のコンテンツ作成にはAI技術を活用しています。最新の技術を活用して、皆様により価値のある情報を提供することを目指しています。

記事内容に誤りがありましたら
以下のフォームよりお知らせください。

    この記事をシェアする
    目次