法政大学入学試験におけるIB生徒のアドバンテージ:完全ガイド

法政大学は、創立から140年以上の歴史を持つ東京にある私立大学で、大学の伝統や歴史を継承しながらも、最新の知識や技術を取り入れ、教育研究に積極的に取り組んでいる日本有数の大学の一つです。

多彩な学部が揃っていて、学生は自分の興味や将来の夢に合わせて選択肢を広げることができます。大学グループの呼称の1つMARCHに属する法政大学は、その就職率の高さも特徴です。

学生が将来のキャリアについて考えることができる場として、インターンシップや就職セミナー、大学の就職支援などが充実しており、学生の成長を支援する体制が整っているのも魅力的です。

目次

オンライン家庭教師EDUBAL
IB(国際バカロレア)対策コースも

オンラインで受講
教師は全員IB経験者
ほとんどのIB科目に対応

\ 詳細はこちらから /

IB資格取得者の対象試験

国際バカロレア資格取得者が有利となるような入試制度には、以下のようなものが挙げられます。

  • 国際バカロレア利用自己推薦入試
  • 総合型選抜
  • 帰国生入試

「国際バカロレア利用自己推薦入試」は、IB資格の取得者のみが対象の入試制度で、その他の2つに関しては英語力などが活きてくる試験となります。

ここでは、IB資格の取得者のみが対象の「国際バカロレア利用自己推薦入試」について、詳しく見ていきたいと思います。

\ 最新の入試情報をチェックする /

国際バカロレア利用自己推薦入学試験

グローバル化に対応し、広く学生を募集するため、国際バカロレアの資格や成績を活用し
た入試を実施します。選考方法は、書類審査と面接等を同日に実施する一段階選抜を行いま
す。

募集内容詳細

募集学部、学科、人員数

学部学科募集人員
文学部哲学科若干名
英文学科若干名
経済学部経済学科若干名
国際経済学科若干名
現代ビジネス学科若干名
人間環境学部人間環境学科若干名
キャリアデザイン学部キャリアデザイン学科若干名

出願資格

国際バカロレア資格取得者(フルディプロマを取得済)
※取得見込みの場合は、出願時に予測スコア(predicted score)が26ポイント以上。(入学時までにフルディプロマの取得が必要。)

IBDP資格証明書

国際バカロレア資格取得者は、以下の3点を提出。

  1. 国際バカロレア資格証書(IB Diploma)の写し
  2. IB最終試験6科目の成績評価証明書の写し
  3. IB最終試験6科目の成績評価証明書の本書

国際バカロレア資格取得見込み者は、以下の2点を提出。

  1. 国際バカロレア資格の取得見込み証明書(任意様式)
  2. 予想スコア(Predicted gradesもしくはAnticipated grades)

国際バカロレア資格を取得見込みで出願し合格した者が、資格を取得できない場合は、合格が取り消しとなります。

取得見込み者で試験の合格者は、決められた期日までに以下を提出する必要があります。

  1. IB最終試験6科目の成績を証明する書類(任意様式)
  2. IB最終試験6科目の成績評価証明書の本書

入学試験 選考方法

文学部
経済学部
人間環境学部
キャリアデザイン学部
・書類審査
・面接
(英文学科は英語による口頭試験含む)
・書類審査
・筆記試験「小論文」
・面接

詳細は募集要項を確認

上記の選考方法を見ると、IBの科目指定などはなく、また予測スコアも26点以上あれば出願できるとなっているので、予測スコアと最終スコアの誤差を見越した資格取得ラインが設定されていると言えます。

英語の能力証明など含め要件の縛りがない分、資格取得者(見込み者)全員が対象となっているということなので、バカロレアの認知度が高くなるにつれ多くのIB生が受験する可能性があります。つまりは、最終スコアについても高いに越したことはありません。

また、試験日が学部により違いはありますが11月〜12月となっているので、IBの最終試験の日程に近い可能性があるため、早くから準備しておくことが望ましいです。

過去問題はこちら

\ 最新の入試情報をチェックする /

入試倍率

国際バカロレア利用自己推薦入試の倍率を見ていきます。

2022年度

2022年度の国際バカロレア利用自己推薦入試の志願者は20人、受験者は17人、合格者は12人の倍率は1.7倍となっていました。倍率はそこまで競争力の高いものではなかったという感じではあります。

学部学科受験者数合格者数倍率
文学部哲学科1人1人1.0
英文学科4人3人1.3
経済学部経済学科1人1人1.0
国際経済学科4人4人1.0
現代ビジネス学科2人2人1.0
人間環境学部人間環境学科3人1人3.0
キャリアデザイン学部キャリアデザイン学科2人0人

2021年度

2022年度の国際バカロレア利用自己推薦入試の志願者は11人、受験者は8人、合格者は7人の倍率は1.14倍となっていました。この年の倍率はとても低く、受験者のほぼ全員が合格しているということでした。

学部学科受験者数合格者数倍率
文学部哲学科
英文学科1人1人1.0
経済学部経済学科1人1人1.0
国際経済学科2人2人1.0
現代ビジネス学科2人2人1.0
人間環境学部人間環境学科1人1人1.0
キャリアデザイン学部キャリアデザイン学科1人0人

2020年度

2022年度の国際バカロレア利用自己推薦入試の志願者は10人、受験者は9人、合格者は7人の倍率は1.28倍となっていました。バカロレア生徒の少なさからも倍率も低くなっていました。

学部学科受験者数合格者数倍率
文学部哲学科5人4人1.3
英文学科
経済学部経済学科2人2人1.0
国際経済学科
現代ビジネス学科
人間環境学部人間環境学科2人1人2.0
キャリアデザイン学部キャリアデザイン学科

\ 最新の入試情報をチェックする /

免責事項

当サイトに掲載する情報の正確性について万全を期しておりますが、その内容の完全性、正確性、有用性、安全性等については、いかなる保証を行うものでもありません。また、当ウェブサイトの内容や情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、予告なく変更・改訂される場合や、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。
情報が不正確であったこと及び誤植があったことにより生じたいかなる損害に関しても、また、掲載情報に基づいて利用者が下した判断および起こした行動によりいかなる結果が発生した場合においても、その責を負いませんので予めご了承ください。

この記事をシェアする
目次