国際バカロレアのIA・EE・TOK成功事例!過去の提出実例と評価から学ぶ勉強法とコツについて

国際バカロレア・ディプロマ・プログラム(IBDP)の履修において、レポート課題やエッセイは最大の難敵です。

特に社会、理科、数学科目で課される内部評価(IA:Internal Assessment)や、課題論文(EE:Extended Essay)・TOK(Theory of Knowledge)などで課されるエッセイなど、どういう風にやればいいのか参考を見てみたいと思うことは多いはずです。

そこで、過去に国際バカロレア(IB)生徒から提出されたIA、EE、TOKなどの4,000以上の実例を見ることができて、また、それに対する評価も確認することが出来る、IB生徒にとって嬉しいサイトについて詳しく紹介します。

IB指導実績国内No.1

\ 教師は全員IB経験者の現役大学生 /

受講生の口コミ

スクロールできます

教え方が上手くとても分かりやすいです。学校から急な課題を出された際も親身に対応をしてくれます。

指導のためのノートがとてもわかりやすく見やすいです。図式化して教えてくれるので理解しやすい。

日本語で授業させていただいてますが、説明が分かりやすく質問にも丁寧に答えてくれています。

どんな問題も、また進路の相談でも、なんでも即答していただけるので頼りになります。

保護者の口コミ

スクロールできます

子供の考えを丁寧に聞いてくださるため、モチベーションが自然と上がっていきます。

子供の考えを丁寧に聞いてくださるため、モチベーションが自然と上がっていきます。

先生の指導のお陰で、IAを終了することが出来ました。娘が大変お世話になりました。

一緒に問題に取り組みながら、子供に寄り添った授業をしていただいています。

※上記はEDUBAL公式サイトより一部引用

\ 初回の体験授業料無料 /
本当に自分に合ったサービスか確認できる

目次

どんなレポートが見れるのか

今回紹介するサイトでは、世界中の国際バカロレア(IB)生徒がIBOに提出したレポートやエッセイなどを共有してくれています。

共有されているレポートやエッセイを、様々な絞り込みを使って、自分が「見たい!」と思っているレポート課題やエッセイを見つけることが出来ます。

  • キーワードで検索
  • IA, EE, TOKなどで絞り込み
  • 科目ごとに絞り込み
  • SL/HLで絞り込み
  • 評価点数で絞り込み
  • 試験を受けた年月で絞り込み

これらの絞り込みができて、目的のレポートを見つけやすく、IBの強い味方となっています。

IMAGE: Clastify

サイト内には、IA・EE・TOKなどの実例が4,000以上あり、また75%のIB生徒が利用しているとのこと。

このサイトを活用することで、IAの平均グレードも上がるとのことで、活用しない選択肢というのは無いサイトとなっています。

実際にレポートを確認する

IMAGE: Clastify

実際にレポートを見てみると、マークスキームがされているレポートもあり、黄色くハイライトされている部分は、レポートの「Personal Engagement」セクションに与えられた点数を示しています。

マークスキーム=採点基準
採点基準をクリアしているかどうかが表示される

マークスキームを確認

マークスキームが見られるレポートの場合、下画像のようなボタン「View Mark Scheme」が表示されています。この緑色のボタンを押すことで、マークスキームを確認することが出来ます。

レポートの詳細を確認

また上画像のようにレポートがいつの試験のものか、科目は何か、レベルは何か、評価はどうだったか、なども確認することが出来ます。

試験日
科目
評価点

このプロが採点した内容を見ることで、点数が上がった部分、下がった部分を見ることが出来ます

無料プランでは最初の2つのセクションを見ることができますが、残りのセクションを表示するには、プレミアムにアップグレードする必要があるようです。

検索方法

キーワード検索
カテゴリー絞込み
科目で絞込み
レベルで絞込み
評価点で絞込み
試験日で絞込み

キーワード検索

検索バーが用意されていて、自分が読みたい科目やキーワードを入力することで、世界中から提出されたレベルの高いIAなどを見ることが出来ます。

カテゴリーで絞込み

カテゴリーは上画像のように「IA」「EE」「TOK」「Notes」「Other」の5つに分かれています。

IA
EE
TOK
Notes
Other

科目で絞込み

科目での絞り込みは6科目すべて細かく分かれています。
言語Aも日本語と英語だけでなく、以下のように幅広い言語が掲載されているのが分かります。

Otherでは、IB教科の中で唯一、グループ3としてもグループ4としても選択することが出来るESS(EnSS)や、グループ1の中では細かく分かれていなかったハンガリー語などの言語が振り分けられています。

レベルで絞込み

科目ごとに標準レベル(SL)と上級レベル(HL)で絞り込むことが出来るので、自分が履修している科目レベルに応じた過去の実例を見ることが出来ます。

評価点で絞込み

IA = グレード1〜7
EE・TOK=A〜E

上記のように評価点で絞り込むことが出来るので、どのようなものが良いグレードを獲得できているのかなどを確認することが出来ます。

試験日で絞込み

セッションのところでは、いつの試験のものかを絞ることが出来ます。

最新の試験も随時上がっているので確認することができます。あた、実際に絞り込み検索をしてみると多数のレポートがあがっていることも確認できました。

無料プランでも十分に使える

料金は以下のようになっていて、手が届きやすい価格なのも嬉しいです。

  • 年払い:月額5.99ドル
  • 半年払い:月額6.99ドル
  • 月々払い:月額9.99ドル

より詳しく見たい場合やは、有料のプレミアムプランに申し込むのも良いと思いますが、無料プランでも十分活躍してくれます

有料プランと無料プラン比較

有料プランと無料プランの違いは以下のようです。

IMAGE: Clastify
スクロールできます
プレミアム無料
IAマークスキームの全解除
試験官のコメントへのフルアクセス
IAの正確なスコアを見る
すべての模範解答への無制限アクセス
毎月15件の模範解答をダウンロード
模範解答からテキストをコピーする
広告なし
最初の2項目のみアンロック
限られた試験官のコメント
総合成績のみ
模範解答へのアクセスが制限されている
ダウンロード不可
テキストのコピー不可
広告あり

IB生徒の為のサイト

IMAGE: Clastify

海外のサイトなので英語で表示はされていますが、どれも難しいわけではなく操作性もとても分かりやすくなっています。

また世界中から集まってはいますが、日本はまだまだIB認定校や履修している生徒が少ないのに加え、海外サイトということで日本語でのものは集まってはいませんが、英語で履修している科目などの場合とても参考になります。

IAレビューサービス

このサイトのもう1つ便利なサービスに、IAのレビューサービスがあります。

自分のレポートが完成したら送信をすることで、3日以内にIBの専門家による下画像のようなレビューを受けることが出来ます。

料金は39.99ドルと安くはありませんが、同様の他のサービスと比較すると安価に抑えられています。先生などに確認やレビューをもらうことが難しい場合や、不安に感じている場合は使用してみるのも良いかと思います。

IB指導実績国内No.1

\ 教師は全員IB経験者の現役大学生 /

受講生の口コミ

スクロールできます

教え方が上手くとても分かりやすいです。学校から急な課題を出された際も親身に対応をしてくれます。

指導のためのノートがとてもわかりやすく見やすいです。図式化して教えてくれるので理解しやすい。

日本語で授業させていただいてますが、説明が分かりやすく質問にも丁寧に答えてくれています。

どんな問題も、また進路の相談でも、なんでも即答していただけるので頼りになります。

保護者の口コミ

スクロールできます

子供の考えを丁寧に聞いてくださるため、モチベーションが自然と上がっていきます。

子供の考えを丁寧に聞いてくださるため、モチベーションが自然と上がっていきます。

先生の指導のお陰で、IAを終了することが出来ました。娘が大変お世話になりました。

一緒に問題に取り組みながら、子供に寄り添った授業をしていただいています。

※上記はEDUBAL公式サイトより一部引用

\ 初回の体験授業料無料 /
本当に自分に合ったサービスか確認できる

免責事項
当サイトに掲載する情報の正確性について万全を期しておりますが、その内容の完全性、正確性、有用性、安全性等については、いかなる保証を行うものでもありません。また、当サイトの内容や情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、予告なく変更・改訂される場合や、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。
情報が不正確であったこと及び誤植があったことにより生じたいかなる損害に関しても、また、掲載情報に基づいて利用者が下した判断および起こした行動によりいかなる結果が発生した場合においても、その責を負いませんので予めご了承ください。
当サイトの一部のコンテンツ作成にはAI技術を活用しています。最新の技術を活用して、皆様により価値のある情報を提供することを目指しています。

記事内容に誤りがありましたら
以下のフォームよりお知らせください。

    この記事をシェアする
    目次