IB ESSを攻略せよ!最終試験の対策法と勉強のコツ

目次

オンライン家庭教師EDUBAL
IB(国際バカロレア)対策コースも

オンラインで受講
教師は全員IB経験者
ほとんどのIB科目に対応

\ 詳細はこちらから /

IBのES&S(環境システムと社会)とは

国際バカロレア(IB)の科目であるES&S(Environmental Systems and Societies)は、環境と社会の相互関係について学ぶ科目です。

※国際バカロレア機構(IBO)のページでは、ES&Sと記載がありますが、一般的にはESS表記がされていたり、学校によってはEnSSとなっているところもあるようです。

ESSはIB科目の中で唯一、グループ3としてもグループ4としても選択することができ、標準レベル(SL)としてのみ履修可能な科目です。環境問題に関する理解を深め、持続可能な未来を実現するための戦略や解決策を探求することができます。

ESSで学ぶコアコンテンツは以下のようになっています。

Topic1Topic 1:Foundations of environmental systems and societies
環境システム・社会の基盤
Topic2Ecosystems and ecology
生態系と生態学
Topic3Biodiversity and conservation
生物多様性と保全
Topic4Water and aquatic food production systems and societies
水と水域の食糧生産システムと社会
Topic5Soil systems and terrestrial food production systems and societies
土壌システムと陸上食料生産システムおよび社会
Topic6Atmospheric systems and societies
大気のシステムと社会
Topic7Climate change and energy production
気候変動とエネルギー生産
Topic8Human systems and resource use
人間系と資源利用

ESSの評価方法

評価項目配点割合
Paper 1(case study)25%
Paper 2(short answers and structured essays)50%
IA(Individual investigation)25%

Paper 1(外部評価)

  • 所要時間:1時間
  • 配点割合:25%
  • マーク: 40点
  • 試験内容:特定の未公開のケーススタディに関連するさまざまな形式のデータが提供され、それらデータの分析と評価に基づいて行われる。

Paper 2(外部評価)

  • 所要時間:2時間
  • 配点割合:50%
  • マーク: 65点
  • 試験内容:
    • <セクションA:25点>
      短答式問題とデータに基づく問題
    • <セクションB:40点>
      4つの選択肢の中から2つの構造化された論述問題を解答することが求められる。

Individual investigation(内部評価)

  • 所要時間:10時間
  • 配点割合:25%
  • 試験内容:ESS問題の特定の側面に焦点を当て、その結果をより広い環境および/または社会の文脈に適用し1,500〜2,250wordsでレポートを作成すること。

ESSの勉強方法

基礎知識を理解する

ESSの勉強を始める前に、科目の基礎知識をしっかりと理解することが重要です。ESSは、環境科学、生物学、化学、物理学、地理学、経済学、社会学などの複数の分野にまたがる科目であり、幅広い知識が必要とされます。

まずは、ESSのシラバスを確認し、どのような内容を履修するのかなどをしっかりと理解しておきます。

あわせて読みたい
IB生に必須のシラバスについて徹底解説!学習効率も飛躍的にアップ。 シラバス(Syllabus)とは、国際バカロレア(IB)生徒であれば必ず知っておかなければいけない情報が詰め込まれたものです。 このシラバスはすべてのIB生徒に与えられた...

ノートを取る

ESSは膨大な量の情報を含んでいるため、ノートを取ることがとても重要です。

ノートを取ることで、自分自身の理解度を把握することができますし、また、ノートを振り返ることで、自分が理解していなかったトピックを再度学ぶことができます。

ディスカッションをする

ESSは環境問題についての理解を深めるために、社会学や経済学などの社会科学的な観点も含んでいます。そのため、ESSの勉強をする際には、ディスカッションをすることが重要です。クラスメイトや教師と議論をすることで、自分の考えを深めることができます。

また、学習の定着という側面からも、ディスカッションをすることは非常に有効的です。アメリカ国立訓練研究所の研究によると、それぞれの学習方法と学習定着率の関係は「ラーニングピラミッド」で表すことができます。

上図のように、アクティブに能動的に行った学習は、非アクティブな学習方法に比べて学習の定着率が増すことが分かっています。

実際の事例を調べる

ESSは実際の環境問題についても学ぶ科目です。そのため、実際の事例を調べ、自分なりの見解を形成することが重要です。

環境問題は地域によってさまざまで、自分の住んでいる地域で起きている環境問題について調べ、ESSの授業で取り上げることもできます。

知識の応用を考える

ESSは単に知識を覚える科目ではありません。知識を応用し、環境問題に取り組むための解決策を探求することが求められます。

そのためESSの勉強をする際には、どのような方法で環境問題に取り組むことができるかを考えることが大切です。

定期的な復習を行う

ESSは膨大な量の情報を含んでいるため、定期的な復習を行うことが重要です。

定期的な復習を行うことで、自分の理解度を維持することができます。また、ESSの試験は、環境問題に関する問題解決能力を問われるものが多いため、定期的な練習も必要です。

まとめ

ここまでESSの勉強法について説明しました。ESSは環境問題についての理解を深め、持続可能な未来を実現するための戦略や解決策を探求する科目です。

  • 基礎知識を理解する
  • ノートを取る
  • ディスカッションをする
  • 実際の事例を調べる
  • 知識の応用を考える
  • 定期的な復習を行う

このような勉強法を実践することで、ESSの授業をより理解深いものにすることができます。

ESSの最終試験対策

ESSの最終試験は授業で学んだことを実際に応用し、論述問題に答えることが求められます。また、ESSの試験には正解がなく主観的な要素が強いため、試験対策にはしっかりと準備する必要があります。

ここからは、ESSの最終試験に向けた効果的な対策方法を詳しく解説します。

過去問題を解く

過去問題は、ESS科目の試験形式や問題傾向を把握する上で非常に役立ちます。例えば、過去問題を解くことで、自分がどの分野に弱点があるかを把握し、それを克服するための対策を立てることができます。

ノートをまとめる

ESSは広範な範囲をカバーする科目です。試験前にノートをまとめることで、重要なポイントを見逃さずに復習することができます。

例えば、授業で教わった内容を分かりやすく整理してノートにまとめることで、自分の理解度を深めることができます。

答えの根拠を示す

ESSの論述式問題には、自分の意見や考えを述べる必要があります。しかし、その際には、答えの根拠となるエビデンスを示すことが重要です。

例えば、ある社会問題について自分の意見を述べる際には、データや統計などの具体的なエビデンスを挙げることで、自分の主張をより説得力のあるものにすることができます。

ESSの専門用語や定義をしっかり覚える

ESS科目は、専門用語や定義が多く出てきます。試験前には、これらの用語や定義をしっかり覚えておくことが重要です。

例えば、環境問題に関するESSの試験で出題される「持続可能性」という用語について、その定義や具体的な例をしっかりと理解しておくことが必要です。

Command Termsを理解しておく

Command Termsは、試験の問題文に出てくる指示用語のことで、この指示用語を正確に理解が出来ていないと、求められている回答に達することが出来ず、獲得できていたはずの点数が得られないという事にも繋がります。

例えば以下のような指示用語があります。

Command termDefinition(定義)
Describe詳しく説明すること。
Explain理由や原因を含めて、詳しく説明すること。

その他、Command Termsの指示用語などについては、こちらの記事で詳しく書いています。

あわせて読みたい
IB試験で知らないと差がつくCommand Termsの正体 知っているのと知らないのでは大きな差がついてしまう、試験対策としても必須であり、また日頃の学習効率を高めることができる、国際バカロレア(IB)生徒の羅針盤とも...

免責事項

当サイトに掲載する情報の正確性について万全を期しておりますが、その内容の完全性、正確性、有用性、安全性等については、いかなる保証を行うものでもありません。また、当ウェブサイトの内容や情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、予告なく変更・改訂される場合や、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。
情報が不正確であったこと及び誤植があったことにより生じたいかなる損害に関しても、また、掲載情報に基づいて利用者が下した判断および起こした行動によりいかなる結果が発生した場合においても、その責を負いませんので予めご了承ください。

この記事をシェアする
目次