国際バカロレアIBDP最終試験の点数分布から見る取得難易度【2022年11月版】

国際バカロレア機構(IB)が提供している16歳〜19歳を対象としたディプロマ・プログラムの最終試験は学校年度により年2回、5月と11月に世界一斉で行われます。

北半球が5月試験、南半球が11月試験とされていますが、日本の一条校の場合は4月入学の学校年度を採用しているため、原則として11月の試験となり、翌年の1月5日に最終スコアが通知されます。

https://comoraki.com/international-baccalaureate/
目次

オンライン家庭教師EDUBAL
IB(国際バカロレア)対策コースも

オンラインで受講
教師は全員IB経験者
ほとんどのIB科目に対応

\ 詳細はこちらから /

各国の公的教育機関の学校年度

文部科学省の記載によると、各国・地域の新たな学年がスタートする時期は以下の通りとなっています。

1月シンガポール、マレーシア、バングラデシュ、南アフリカ
2月オーストラリア、ニュージーランド、ブラジル
3月韓国、アフガニスタン、アルゼンチン、ペルー、チリ
4月日本、インド、パキスタン
5月タイ
6月フィリピン、ミャンマー
7月アメリカ
8月スイス、スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、フィンランド、台湾、ヨルダン
9月イギリス、アイルランド、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ポルトガル、オランダ、ベルギー、ギリシア、ロシア、カナダ、メキシコ、キューバ、中国、インドネシア、ベトナム、イラン、トルコ、サウジアラビア、エチオピア、ナイジェリア
10月エジプト、カンボジア

世界の多くは国では9月前後辺りから新しい学年がスタートしています。

北半球の場合、夏休みを終了したところからが新たな学年がスタートしているということで、南半球のオーストラリア、ニュージランド、ブラジルなどの場合も同様に、夏休み明けの2月や3月から新学年がスタートする形をとっているようです。

日本や韓国の場合は、歴史的背景なのか春に新学期をスタートする形となっているため、国際バカロレア試験も北半球ながら、南半球に合わせた11月の方を受験するとなっています。

それでは、ここからは2022年11月試験の結果について詳しくみていきます。

https://comoraki.com/ibdp-final-assessment-2022/

試験結果詳細

トータルポイント分布(2018年〜2022年11月試験)

IMAGE: IBO

2018年〜2022年の11月試験の結果を見ると、5月試験同様に2021年、2022年のスコアは例年に比べて高い結果が出ています

これは、2021年は新型コロナウイルスの感染拡大によって、学校が休校したことなどが考慮され、課題や試験内容に変更(縮小や中止)があった影響かもしれないのですが、2022年もまだその影響を受けてのものと思われます。

2023年の5月現在、日本も通常に戻りつつありますので、2023年度の試験内容や結果についての動向も気になります。

合格率(2018年〜2022年11月試験)

IMAGE: IBO

受験者数は2018年〜2022年の過去5年間をみると、2021年と2022年は13,000人台と少し減っているように見えますが、それほど大きな変化はなく、例年おおよそ15,000人程度が11月の最終試験を受けているようです。

合格率は約70%台〜80%台で推移していて、満点での取得者数が多かった2021年は合格率も非常に高かったのですが、2022年は例年の水準に戻っているように見えます。

(2022年11月)
IBDP資格取得者数:11,286人
IBDP不合格者数:2,440人+α

資格取得した人のうち
40点以上を取得した人は14.92%
35点以上を取得した人は31.46%

日本の受験者数

IMAGE: IBO

2022年11月試験の日本受験者数は477人ということで、アジア太平洋地域ではオーストラリア、シンガポールに次いで3番目に多い人数となっていました。

日本語Aのスコア

2022年11月試験の「日本語A」を受験している人数は419人だったようで、SL/HLともに平均点は5以上となっていました。

平均スコア(2018年〜2022年11月試験)

IMAGE: IBO

過去5年間の平均スコアをみると、高得点取得者率が高かった2021年よりは2022年の平均スコアは下がるものの、それでも例年よりは少し高い印象を受けます。しかし、それほど高くなっているというわけでもなく平均で”5”付近となっています。

コア科目ポイント(2018年〜2022年11月試験)

IMAGE: IBO

コア科目のポイント分布をみてみると、2021年と2022年は、2ポイント以上が55%以上となっていて、過去の年度と比較しても高くなっているのが見受けらます。

また0ポイントの取得率はこの2年大幅に下がっています。

フルスコア取得者数(2018年〜2022年11月試験)

IMAGE: IBO

過去5年間のフルスコア(45点)取得者の数は、2021年が292人と圧倒的に多くて、2018年〜2020年の過去年度と比べて2〜3倍の数となっています。

2022年のフルスコア取得者数は2021年に比べると半分以下の121人となり、以前の水準に戻っているように見受けられます。

スコア分布(2022年11月)

IMAGE: IBO

上の表は2022年11月受験者全体のスコア分布です。
上記でも書きましたが、スコアにより進路の選択肢が大きく変わってきます。

IBDPのスコアと海外大学の目安については以下の表となりますが、詳しくは記事に書いていますので、合わせて読んでみてください。

進学先の目安世界大学ランキング
42点以上超難関大学10位以内
36点以上50位以内
30点以上難関大学100位以内
24点以上フルディプロマ取得
https://comoraki.com/ibdp-number-of-point/

2022年11月試験のまとめ

2022年試験11月
受験者数13,792人
合格率81.83%
合格者数11,286人
不合格者数2,440人+α
平均スコア30.94
45点取得者数121人
45点取得者率0.88%
40点以上取得者数2,056人
40点以上取得者率18.02%

2022年5月のIBDP資格取得率は81%と、2021年の約87%には及びませんでしたが、例年と比較すると高い合格率となったようです。

難易度というのは2年間の取り組みもあるので一概に言うことはできませんが、資格取得率が高いというのは嬉しいことではあります。

IBDPのスコアによっては進路の選択肢も変わってくるので、単に合格すれば良いかというと、それだけではないのですが、スコアが思うように上がらなかったとしても、2年間取り組んできたものが消えるわけではないので、IBDPの経験が活きる場面がここから沢山あるのだろうなと思います。

免責事項

当サイトに掲載する情報の正確性について万全を期しておりますが、その内容の完全性、正確性、有用性、安全性等については、いかなる保証を行うものでもありません。また、当ウェブサイトの内容や情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、予告なく変更・改訂される場合や、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。
情報が不正確であったこと及び誤植があったことにより生じたいかなる損害に関しても、また、掲載情報に基づいて利用者が下した判断および起こした行動によりいかなる結果が発生した場合においても、その責を負いませんので予めご了承ください。

この記事をシェアする
目次